エッジコンピューティングは、アプリケーションやデータを利用するユーザーやデバイスにより近い場所に置くことを念頭に設計されています。クラウドコンピューティングが大規模データセンターをもたらしたのに対し、エッジコンピューティングは急増するマイクロデータセンターを通じて分散型ITを実現します。 デジタル変革におけるエッジとその役割について、知っておくべきすべてを探りましょう。
 

あらゆるエッジ環境に対応するソリューション

統合システムの包括的なポートフォリオで、従来のITスペース、過酷な環境あるいは工業地区、オフィススペース、商業地区など、幅広い環境にサービスを提供します。
 

可視化を通じて確実性を得る

クラウドベースの管理プラットフォームで、リモートサイトの可視化を実現します。データから導き出される考察に基づき、自信をもってビジネス上の決断を下せるようになります。
 

シンプルなエッジ管理

自信をもってエッジを運用できます。シュナイダーエレクトリックが提供するIoT対応プラットフォーム、EcoStruxureを活用することで可能になる、フィールドサービスエンジニアとパートナーのグローバルネットワークをご活用ください。
 

シームレスな設計と導入

主要なITテクノロジーパートナーシップから認定された、相互運用性を備えた迅速なシステムの立ち上げ。当社のグローバルパートナーコミュニティが、構成済み、事前組み立て済み、あるいはターンキーソリューションの実装を支援します。

エッジコンピューティングのスペシャリストに問い合わせる

当社のエキスパートに相談しながら、デジタルトランスフォーメーシを推進するためのITインフラを構築しましょう。

EcoStruxure IT

いつでもどこでも、どのデバイスからでも、すべてのエッジデータセンターの可視性を保証する、クラウドベースのプラットフォーム。

Smart-UPS

UPS向けの革新的なソリューションが、コンパクトで軽量、長期にわたり持続する高度なエネルギーストレージ保護をもたらします。

物理的セキュリティソリューション

当社のマイクロデータセンターは、標準ソリューションから先端ソリューションまで、エッジのITシステムに物理的にもデジタル的にも安全なソリューションを提供します。

適切なリソースを集めてすぐに活用できるようにしましょう。

ホワイトペーパー277『エッジコンピューティングインフラストラクチャの課題を解決する』では、エッジ環境の導入と管理に関する効果的な戦略について説明します。

エッジパートナーと協業する

最寄のAPC販売店を検索するには、こちらをクリックし、「エッジコンピューティング」を選択してください。

信頼できる研究・調査にアクセスする

ビジネス目的を達成する上でエッジコンピューティングが重要な理由と、マイクロデータセンターソリューションを導入するためのベストプラクティスについてご覧ください。

パートナーリソース

パートナーになっていますか?パートナーポータルにアクセスして、オンラインリソースを活用しましょう。
 

エッジコンピューティングがデジタルトランスフォーメーションを実現します。

デジタルトランスフォーメーションの時代には、コンピューター処理からストレージやアプリケーションに至るまで、クラウドベースのリソースを活用することでユーザーの期待に応え、カスタマーエクスペリエンスの向上、業務の合理化、新たなビジネスチャンスの創出を実現しなければなりません。 エッジコンピューティングが必要とされるのはこのような分野です。エッジデータセンターは、帯域幅の改善、レイテンシーの向上、ロケーション関連の法令遵守、そしてデータプライバシーの実現に役立ちます。

エッジコンピューティングの使用事例をいくつか紹介します。

 

教育

エッジコンピューティングが学校システムの稼働時間の延長と、サポートコストの削減を促進しています。
 

小売業

多くの小売業者がエッジコンピューティングテクノロジーを活用してカスタマーエクスペリエンスを強化。
 

病院のデジタル化

最新の医療施設で患者のケアと対応を改善。
 

製造業

エッジITで製造業界およびオートメーション業界の運用効率を改善。

用途に応じたエッジコンピューティングの専門知識

エッジコンピューティングに関する当社のスペシャリストが、お客様のビジネスに最適なソリューションをご案内します。今すぐお問い合わせください。
 

耐障害性を備えたエッジコンピューティングソリューション

エッジコンピューティング環境には、大規模データセンターと同等の信頼性と性能の基準が求められます。

  • エッジにおける耐障害性とは?

    サーバールームとネットワーククローゼットがシステムの可用性に影響をあたる理由および、ミッションクリティカルなマイクロデータセンターが正しく設計、管理されていない場合、最も脆弱な場所となる理由をご覧ください。Kevin Brown(SVP Innovation/CTO、シュナイダーエレクトリックIT部門)が、このビデオで説明します。

エッジの耐障害性を強化する3つの対策

 

リモート管理

エッジデータセンターの多くは、ITスタッフがほとんど(もしくはまったく)いない、各地に分散した「完全自動」施設です。従来型のリモート管理ソリューションはコストが高く拡張が困難な場合があります。クラウドベースの革新的なプラットフォームを導入すれば、次のことが実現します。 容易なリモート監視および管理 時間、場所、デバイスを問わないステータスのリアルタイム表示 予測分析(必要な場合にのみ訪問して事前保守)
 

物理的セキュリティ

エッジデータセンターのIT機器に対する不正アクセスを防止するには、適切な物理セキュリティが不可欠です。それには次の3つの構成要素が必要です。 温度・湿度センサーによる物理空間の監視 アクセス制御 音声と映像による監視(録画機能付き)
Internet of Things

迅速な導入

多数のエッジデータセンターを導入する際には、標準化され、複数の場所に同じシステムを導入可能で、かつ容易な方法を通じて構築することが重要です。そのためには次のようなものが必要です。 サーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアのすべてを備えた、事前設定済みの単一の統合パッケージ サポートするラック、UPS、PDU、冷却システムなどを指定したリファレンスデザイン

お問い合わせ

必要なものが見つかりませんか?お気軽にお問い合わせください。折り返しご連絡いたします。
Your browser is out of date and has known security issues. It also may not display all features of this website or other websites. Please upgrade your browser to access all of the features of this website. Internet Explorer 9 or higher is recommended for optimal functionality.

Chat

Do you have questions or need assistance? We’re here to help!