FAQの参照

Network Management Card 2(AP9630J、AP9631J) Self-Test PassedのE-Mailの停止方法

公開日: 24 1月 2018

Network Management Card 2にブラウザでアクセスし[ Configuration ] -> [ Notification ] -> [ Event Action ] -> [By Event] -> [ Diagnostics ]を選択し
『UPS: Self-Test Failed』のE-Mail送付を停止することで、UPS Self-Test Passedの送信も停止されます。
 

[ Configuration ] -> [ Notification ] -> [ Event Action ] -> [ By Group ] で informationイベント解除いただいてもSelf-Test Passedは停止しません。
これは、Network Management CardのE-Malの設定についてはcritical(致命的)、warning(警告)レベルのイベントと、それのイベントが解除された情報(information)は対となっています。
このため、どちらか一方のイベントを解除することはできません。

なお、UPS: Self-Test Failedについては、バッテリのコンディションをテストする機能で
失敗した場合記録され、バッテリー交換を促すUPS: At least one faulty battery exists.が一緒にメール送信されます。
このため、UPS: Self-Test FailedのE-Mail 送信を止めた場合についてはバッテリー交換については
UPS: At least one faulty battery existsをもって、Self-Test Failedを検知したものとしてください。

これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。