FAQの参照

PowerChute Network Shutdown v4.3によるNutanixのシャットダウンについて

公開日: 30 10月 2019

このページでは、PowerChute Network Shutdown v4.3によるNutanixのシャットダウンについて説明しています。

【概要】
PowerChute Network Shutdown v4.3はAcropolis Hypervisor (AHV)とESXi環境に対応し、v4.2以前で必要としていたスクリプトでのシャットダウンが不要になりました。Acropolis File Services (AFS)およびNunitax Filesのシャットダウンも可能になり、Nutanixの自動シャットダウンと自動機能に対応しました。セットアップ手順の概要については、こちらを参照してください。

PowerChute Network Shutdown v4.2とスクリプトファイルを用い、Nutanix Acropolis Hypervisor 環境でシャットダウンを行う方法については、こちらを参照してください。また、同バージョンで、VMware ESXiハイパーバイザー環境でNutanixシステムをシャットダウンする方法については、こちらを参照してください。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v4.3

【構成上の注意点】
  • PowerChuteがNutanixのデータストア領域にあると正常なシャットダウンが行えませんので、Nutanixとは別のマシン上にPowerChuteをインストールします。
  • CVM はその他のユーザVMよりも後にシャットダウンする必要があります。PowerChuteの仮想マシンの優先度付け機能を使用し、CVMを高優先度グループに、他のユーザVMを低/中優先度グループに設定してください。
  • Nutanixのブロック(筐体)単位ではなく、ノード数単位でPowerChuteのライセンスが必要です。
以下、VMware ESXi環境での構成例を示します。サポートするUPS構成についてはAHV環境も同様です。

《例1》 シャットダウン可能な構成です。
UPSグループに重大イベントが発生した場合、PowerChuteはNutanixとPowerChuteマシンをシャットダウンします。


《例2》 シャットダウン可能な構成です。
UPSグループAに重大イベントが発生した場合、PowerChuteはNutanixをシャットダウンします。UPSグループBに重大イベントが発生した場合、 PowerChuteはNutanixとPowerChuteマシンをシャットダウンします。


《例3》 および《例4》 のような構成では、以下の点に注意してください。
以下のような構成例では、一部のUPSにのみ重大イベントが発生した場合、一部のブロックのみが重大イベントにより影響を受けます。重大イベントの影響を受けるノードのみをシャットダウンする設定の場合、システムで設定された耐障害性を超えるノード数が停止すると、データ損失が生じNutanixクラスターが稼動することができません。
PowerChuteのアドバンスドUPS構成で重大イベントの影響を受けるノードのみをシャットダウンするか、全ノードをシャットダウンするかは、Nutanixの設定を確認いただいたうえで決定してください。
また、データ損失が生じない場合でも、一部のノード停止により仮想マシンのパフォーマンスや動作に影響がないことを確認してください。

《例3》


《例4》


更新日 2019年10月30日
 

これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。