NetBotz 500

ネットワーククローゼットからデータセンターまで適応する、性能セキュリティおよび環境システムモニタリング

NetBotz 500は、ネットワークへの侵入を防止するための高性能なセキュリティおよび環境モニタリングを提供します。NetBotz 500はビデオカメラによる監視とモニタリングを実行して人間の活動を記録することができ、侵入を検知することができます。温度、湿度のほか、ドアの接触、乾接点、振動、煙霧、2方向オーディオ、スポットリークおよびロープリークのモニタリングを行います。StruxureWare Data Center Expertとの統合やユーザー定義の警告といった追加機能により、NetBotz 500はセキュリティの脅威、環境の脅威からIT資産を守る完璧なユニットになっています。 NetBotz 500はネットワーククローゼットからデータセンターまで使用場所を選びませんが、通常は中~大規模なデータセンターに設置されます。NetBotzはアクティブなシステムモニタリングソリューションとして、ITインフラストラクチャにとっての破壊やダウンタイムの原因となる可能性のある環境または人為的な物理的脅威から環境を守るよう設計されています。この、ネットワーク化された機器、センサー、アクセス制御およびカメラからなるスケーラブルなスイートは、ネットワーククローゼットからデータセンターまで、さまざまなサイズの環境を保護するよう設計されています。モジュラー設計により共通のセンサーをNetBotz機器の中で使用できます。オプションにより、ユーザー定義の警報をさまざまな形式で送出でき、イベントエスカレーションポリシーに簡単に組込むことができます。複数のNetBotz機器を管理する際にはStruxureWare Data Center Expertを使用します。StruxureWare Data Center Expert Surveillanceライセンスにより、複数のカメラの映像を1か所で確認することができ、ビデオの素早い検索と回収のほか、重要なビデオクリップに「タグ付け」することができます。

もっと読む
管理機能
Data Center Expertと統合されたStruxureWare 重大な警報、監視カメラ映像および重要な情報を収集、編集、分配して、統一されたビューの複雑な物理インフラ環境をネットワーク上のいずれの場所からでも提供できる、ITにすぐに使用できるスケーラブルなアクセスモニタリングシステム
Advanced View クライアント アプリケーション “堅牢なアプライアンス インターフェイスにより、警告の履歴、グラフ、および設定を確認できます。”
EMS (企業管理システム) 対応 SNMP トラップ (イベント) を任意の EMS (企業管理システム) に転送することによって、APC 機器を一元的に管理できます。
警告の表示 警告の検証と関連付けが簡単にできます。 ビデオ クリップ、グラフ、マップの挿入により、警告にコンテキストを加えることができます。
総所有コスト (TCO)
ブラウザインターフェイス ブラウザでユーザーインターフェイスを表示して、ネットワーク上のどこからでも迅速にアクセスできます。
イベント駆動のビデオ録画 何らかの動きまたは警告が発生した場合にビデオを記録できます。
柔軟性
しきい値の調整可能 要件に応じて、しきい値の定義 (センサーごとの各種しきい値、スケジューリング、重要度) をカスタマイズします。
カスタマイズされたエスカレーション ポリシー 警告は、エスカレーション ポリシーに基づいて管理され、複数の形式で受信できます。
可用性
アクセス監視 ドア スイッチにより、許可を得ていない人の入室を検出できます。
異常の通知 リアルタイムのイベント通知機能によって、物理インフラの危機的な状態への対応時間が短縮されます。IT管理者による平均修復時間を短縮し、効率を向上させ、稼働時間を最大限にします。
監視 動きを検知して記録することができます。記録した映像を入室アラートまたは環境アラートと対応付けることができるので、アラートの根本原因解析を迅速に行うことができます。
環境モニタリング 機器の障害に起因する、あらゆる種類の危機的な環境状態を防止します。

製品1

比較するファミリーまたは部品番号を選択する

ファミリーを選択する
部品番号を選択する

製品2

比較するファミリーまたは部品番号を選択する

製品3

比較するファミリーまたは部品番号を選択する