Metered Rack PDU

メーター付きラック電力分配ユニット(PDU)は接続されている負荷をリアルタイムで遠隔モニタリングできます。ユーザーが定義するアラームにより、重大なIT不具合が発生する前に潜在的な電力過負荷を警告することができます。

APCのMetered Rack Power Distributionユニット(PDU)はアクティブな測定を行うことで、エネルギーの最適化と回路保護を可能にしています。ユーザー定義のアラームしきい値は、リアルタイムのローカルおよびリモート警報を利用して潜在的な回路の過負荷を警告することで、リスクを緩和します。従量制のラックPDUは電力利用データを提供するため、データセンターの管理者は、IT環境のロードバランシングとサイズの最適化に関して情報を確認し、決定を行うことができるので、所有にかかるコストを削減することができます。ユーザーは安全なウェブ、SNMPまたはTelnetインターフェイスを介して従量制のラックPDUにアクセスし、構成が可能で、StruxureWare Data Center Expert、Capacity ManagerおよびChange ManagerによるAPCのCentralized Managementプラットフォームを使用することができます。新しいAP8000シリーズの従量制Rack PDUは、リアルパワーモニタリング、温度/湿度センサーポート、ロック式IECコンセントおよび超低プロファイルの回路ブレーカーを備えています。

もっと読む
可用性
負荷インジケータLED ユーザーが定義した警告のしきい値に基づいて、過負荷と警告状況を示します。また、過負荷が発生する可能性のある回路について警告します。
遠隔管理機能 Web、SNMP、Telnetを通じてPDUの管理およびしきい値の設定が可能です。このため、リモート・サイトからユニットの設定や管理を行うことにより、貴重な時間を節約します。(備考: ネットワークに接続されたユニットのみ)
局所電流監視ウィンドウ ラックPDU当たりの電流合計をユニットのデジタルディスプレイに表示します。電流がストリップの最大アンペアに近づいたときにローカルのデジタルディスプレイで視覚的警告を発することで、回路の過負荷を防止することに役立ちます(一部のSKUのみで使用できます)。
アラームしきい値 回路の過負荷の防止するために警告のしきい値を定義します。ネットワーク警告と視覚的な警告によって、問題点が通知されます(注記: 電流監視機能のある装置でのみ使用可能です。使用可能な装置については、SKU仕様書を参照してください)。
ファームウェアのアップグレード ネットワークからのダウンロードを通じてファームウェアを簡単にアップグレートすることによって、将来の機能拡張に対応します。新機能がリリースされたときに、既に導入されている製品を置き換える必要はありません。 (備考: ネットワークに接続されたユニットのみ)
Data Center Expertと統合されたStruxureWare 重大な警報、監視カメラ映像および重要な情報を収集、編集、分配して、統一されたビューの複雑な物理インフラ環境をネットワーク上のいずれの場所からでも提供できる、ITにすぐに使用できるスケーラブルなアクセスモニタリングシステム
柔軟性
単一入力電源 1つの分岐ホイップから複数の機器に電力を供給するので、ラックマウント型機器への電力供給に便利です。1つの分岐ホイップと標準接続を使用することで、設置時間と費用を節約できます。
ラックマウント型 付属ブラケットを使用して、製品により、水平に、垂直に、そして工具なしでの取付けなど多様なマウンティング方法があります。その結果、最も必要とされる場所(ラック内部)に簡単に電力を供給できます。
広範囲の入力部および出力部接続 製品ファミリには、入力部と出力部のさまざまな接続があり、120V、208V、または230Vの電力が複数のコンセントに配分されます。多様な入力と出力があるため、さまざまな電力要件に対応できます。APCは、単一の分岐ホイップを使用した、最大出力14.4kWの装置を提供します。