ラックマウントPDU

ラック マウント型装置を監視および制御する機能を備えた、信頼性の高い配電装置



 
APCのスイッチ式Metered-by-outlet ラック型電源分配ユニット(PDU)は、各アウトレットのリアルタイム計測と、アウトレットに設置されたリモートスイッチのオン・オフ制御を行います。アウトレットの計測により、エネルギー最適化や厳密なキャパシティプランニングが可能になります。また、ユーザー定義の警告閾値に従い、現場や遠隔で検出できる潜在的な回路過負荷をリアルタイムで警告し、リスク軽減を行います。Metered-by-outletは細かい粒度レベルの電源利用データを提供します。これにより、データセンターマネージャは負荷バランスや、施設運営経費を削減するための適正IT環境サイズを決定する際、精度の高い判断ができるようになります。また、スイッチング機能により、カスタマイズが可能な高度な電源管理が可能です。電源サイクルに関してはアウトレットレベル制御で電源のリモートオン・オフを行い、遠隔で装置を再起動し、個々のアウトレットの不正利用を制限します。ユーザーは、電源シークエンス時間遅延を利用し、回路過負荷を避けるためにどの装置をアップし、どの装置をダウンさせるかの順番を決めることができます。電流計測により、回路過負荷の可能性を警告するユーザーの定義に従い、リアルタイムで接続負荷のリモートモニタリングを行います。ユーザーは、StruxureWare、Data Center Expert、Operations、Capacity、Energy Efficiencyで使用されるAPC中央制御式管理プラットフォームと適合するセキュアウエブ、SNMP、コマンドラインインターフェイス、Telnetインターフェイスを通じてMetered-by-outlet ラック型電源分配ユニット(PDU)へのアクセス、設定、制御が可能です。 新しいAP8000シリーズのスイッチ式ラック型PDUには、リアルタイム電源モニタリング、温度・湿度センサーポート、ロッキングIECレセプタクルが含まれています。
もっと読む
APCのスイッチ付きラック電力配分ユニット(PDU)は、ユーザーがカスタマイズできる高度な電力制御とアクティブなモニタリングを可能にします。アウトレットレベルのリモート制御により、機器を遠隔起動し、個々のアウトレットの未承認使用を抑制する電力サイクリング機能のオン/オフができます。電力シーケンシグ時間遅延で接続された機器のパワーアップおよびダウンをする順序を定義して、回路の過負荷を避けることができます。電流測定では接続された負荷をリアルタイムで遠隔モニタリングでき、回路の過負荷の可能性がある場合にはユーザー定義のアラームで警報します。スイッチ付きラックPDUにアクセスし、これを構成して制御する際には、StruxureWare Data Center Expert、Operations、CapacityおよびEnergy Efficiencyを使用するAPCのCentralized Managementプラットフォームによって推奨される安全なウェブ、SNMP、コマンドラインインターフェースまたはテルネットインターフェースを経由して行います。新しいAP8000シリーズのスイッチ付きラックPDUには、リアル電力モニタリング、温度/湿度センサーポートおよびロック式IECコンセントが含まれています。
もっと読む
APCの出力計測型のラック電力配分ユニット(PDU)は個々の出力をアクティブに計測できるため、エネルギーの最適化と詳細なキャパシティー計画が可能になります。ユーザー定義のアラームしきい値で、電圧回路の過負荷を警告するリアルタイムのローカルおよびリモート警報を設定することでリスクを緩和します。出力計測型ラックPDUはより詳細なレベルの電力使用データを提供するため、データセンターの管理者はIT環境のロードバランスとサイズの最適化に関してより正確な決定ができ、所有にかかるトータルコストを削減することができます。出力計測型ラックPDUは、個別の出力計測、温度/湿度センサーポート、およびロック式IECコンセントを備えています。ユーザーは安全なウェブ、SNMPまたはTelnetインターフェイスを介して出力計測型ラックPDUにアクセスして構成することができ、StruxureWare Data Center Expert、Capacity ManagerおよびChange Managerを用いてAPCのCentralized Managementプラットフォームを使用することができます。
もっと読む
APCのMetered Rack Power Distributionユニット(PDU)はアクティブな測定を行うことで、エネルギーの最適化と回路保護を可能にしています。ユーザー定義のアラームしきい値は、リアルタイムのローカルおよびリモート警報を利用して潜在的な回路の過負荷を警告することで、リスクを緩和します。従量制のラックPDUは電力利用データを提供するため、データセンターの管理者は、IT環境のロードバランシングとサイズの最適化に関して情報を確認し、決定を行うことができるので、所有にかかるコストを削減することができます。ユーザーは安全なウェブ、SNMPまたはTelnetインターフェイスを介して従量制のラックPDUにアクセスし、構成が可能で、StruxureWare Data Center Expert、Capacity ManagerおよびChange ManagerによるAPCのCentralized Managementプラットフォームを使用することができます。新しいAP8000シリーズの従量制Rack PDUは、リアルパワーモニタリング、温度/湿度センサーポート、ロック式IECコンセントおよび超低プロファイルの回路ブレーカーを備えています。
もっと読む
APCのBasic Rack PDUは、単一入力とマルチ出力コンセントにより、信頼性の高い、ラック電力配分を行い、低いアンペアの単相回路から高電力の3相ソリューションまで対応します。
もっと読む
ラックPDUには、入力電源、アダプターおよびジャンパー電源コードなどのさまざまな電源コードが用意されており、さまざまな電源要件を満たします。新しいロック付きIEC電源コードは、特許取得済みの使いやすいコード保持機構を特長としており、AP8000シリーズのラック電力配分ユニット(PDU)と併用すればさらに安全性が高まります。
もっと読む
APCのラックPDUアクセサリには専用のブラケットキットが付属しており、当社の垂直型ラック電力配分ユニット(PDU)の多くを他社のラックやエンクロージャに取付けることができます。またコード保持ブラケットも付属しており、取付けられたラックPDUへの電源コードの接続を保持するのに役立ちます。ベーシック、従量制の、およびスイッチ付きラックの専用設計SKUにはこれらのブラケットキットが使用できます。ご使用のラックPDUにこれらの取付けブラケットが適合するか否かについては機能リストをご覧ください。
もっと読む