InRow Direct Expansion

クローゼット、サーバー ルーム、およびデータ センタ向けの、空気、水、およびグリコールによる一体型冷却装置

InRow RC を 3D 動画で見てみましょう。
InRow Direct Expansion ユニットは、IT 機器の熱負荷の冷却で重要な役割を果たします。このユニットにより熱せられた空気の再循環を防ぎ、冷却の予測精度を向上させ、ご使用の IT 環境の拡大の拡大に伴う費用の見通しを立てることが可能になります。内蔵型、液冷型、空冷型で、湿度制御の有無に関わらず利用可能です。クローゼットやサーバールーム、データセンターの冷却におけるさまざまな要件を満たします。冷却効率を高めたい、またはより高密度の装置を導入したい IT 機器の管理者は、InRow Direct Expansion 製品のモジュール式の設計を採用することで目的を達成できます。InRow Direct Expansion 製品では、IT 機器の熱負荷に対応してファン速度や冷媒量を自動で調整する等、インテリジェントな制御が可能であり、今日の IT 環境の要求に最大効率で対応します。

もっと読む
管理機能
Real-Time capacity monitoring 電流および使用可能な冷却のリアルタイム表示。
マイクロプロセッサ・コントローラ インテリジェントでアクティブな応答制御、およびリアルタイム監視を利用します。システムはマイクロプロセッサで制御され、4 行で 80 文字の英数字を表示するディスプレイを通じて、高度な制御機能とヒューマン インターフェイスを提供します。
BMS (ビルディング マネージメント システム) の統合 警告とデータ ポイントを送信することによって、建物の重要なインフラを一元的に管理できます。
保守・メンテナンス関連
サービス作業が容易 列単位機器のため、暖気通路内や冷気通路内の保守可能部品の交換や保守が可能です。
可用性
アクティブな応答制御 サーバ吸気口の温度を適切に保つために、冷却能力を監視して能動的に調節します。マイクロプロセッサコントローラを通して、装置の動作状況を見ることができます。
Rack inlet temperature control ホット スポットがラック レベルで発生する危険を減少
予測可能な冷却 この装置をラックの列内に配置すると、冷却源が熱負荷に近づきます。 これによって、空気の混合がなくなり、予測可能な冷却構造となります。
柔軟性
電力密度の上昇に対応 拡張性のある密度によって、暖気通路密閉システムと InRow 構造を統合して、より電力密度の高い冷却設備が実現可能になります。
モジュール式のデザイン モジュール設計によって、冷却設備を必要に応じて増設する拡張性のあるソリューションが提供されます。
総所有コスト (TCO)
IR 構造 IT 機器から直接高温の排気を取り込むので、ユニットの顕熱容量が従来の冷却構造に比べて多くなります。
変速ファン 変速ファンによって、オフピーク冷却期間のエネルギー消費が抑えられます。

製品1

比較するファミリーまたは部品番号を選択する

ファミリーを選択する
部品番号を選択する

製品2

比較するファミリーまたは部品番号を選択する

製品3

比較するファミリーまたは部品番号を選択する