予防保守サービス APC指定エンジニアによるバッテリ交換をオンサイトで提供します。 Matrix-UPSはSmartCellの交換が対象となります。
Symmetra製品はAPC指定エンジニアによる予防点検もしくは予防交換を提供します。
(交換用バッテリ、バッテリモジュールの費用は含まれません)
各STEP説明
お客様と作業日の調整をします。
サービス会社にエンジニアの派遣を要請します。
エンジニアがお客様のもとにお伺いしバッテリの予防交換および予防点検を行います。
 予防保守サービス サービス内容詳細
Smart‐UPS、Smart-UPS RT 1500、Matrix‐UPSの場合:※1バッテリの予防交換を行います。 Smart-UPS RT 5000/7500/10000、Symmetra、SymmetraRM、Symmetra LX、Symmetra LX RM の場合:機器の予防点検もしくは予防交換を行います。
 
Smart-UPS
Smart-UPS RT 1500
Matrix-UPS
Smart-UPS RT 5000/7500/10000
Symmetra
Symmetra RM
Symmetra LX
Symmetra LX RM
チェックシートに基づく予防点検作業




バッテリの予防交換を行う場合はバッテリの予防点検作業は含まれません

バッテリ予防交換作業
(交換用バッテリ費用は含まれておりませんので、事前にご用意ください)




バッテリ予防交換あるいは既存バッテリの点検を行いますいずれかをお選びください


注※1:Smart-UPS、Smart-UPS RT 1500、Matrix-UPSの予防保守サービスは障害対応ではありません。既にバッテリ交換ランプが点灯しているもの、あるいはUPS本体が起動しないものは「オンサイトスポットサービス」あるいは「交換品先出しスポットサービス」をご利用ください。

※予防点検作業は、UPSを停止しての実施が前提となります。停止不可の場合は別途ご相談下さい。

※拡張バッテリは、本体の予防保守に含まれませんので、別途拡張バッテリパックあるいは拡張バッテリモジュール用の予防保守をご購入ください。

※Symmetra LX RM シリーズの拡張バッテリフレームは、フレーム1台ごとに予防保守サービスをご購入ください。

※予防保守点検で、部品交換が必要と判断された場合、製品保証期間内あるいは年間保守サービス期間内であれば、その内容に準じて対応いたします。
上記期間外の場合は、「オンサイトスポットサービス」あるいは「交換品先出しスポットサービス」をご利用ください。

※交換後のバッテリはエンジニアがAPCまでの発送手配をいたします。送料は弊社負担となります。

※エンジニア作業時間:
5x8:月曜~金曜日 9:00~17:30(土日、祝祭日および弊社の定めた休業日を除く)
7x24:24時間365日
必要事項
 ① 注文書
 ② 交換用バッテリキットもしくはバッテリモジュールが用意されていること。
 ③ 作業希望日より2週間前のお申し込み。