スタートアップサービス ハードウエアのセットアップ作業です。
APC指定のエンジニアがお客様のもとにお伺いして製品の設置と動作確認、試運転、調整をおこないます。
ソフトウエア、アクセサリのインストレーションおよび電気設備の工事・配線は含まれません。
各STEP説明
お客様とUPSの設置日の調整をします。
サービス会社にエンジニアの派遣を要請します。
エンジニアがお客様のもとにお伺いしハードウェアのインストールを行います。
 スタートアップサービス サービス内容詳細
Smart‐UPS、Smart-UPS RT 1500、/Matrix-UPSの作業内容
  1. 開梱(必要な場合)
  2. 員数確認と外観チェック、シリアル番号の記録
  3. ラックマウント型の場合ラックへの取り付け
  4. UPSを起動しての正常動作確認
  5. 取り扱いのご説明
Smart-UPS RT 5000/7500/8000/10000、 Symmetra、 Symmetra RM、 Symmetra LX、Symmetra LX RM の作業内容
  1. フレームや各モジュールの員数確認と外観チェック
  2. すべてのシリアル番号の記録
  3. 入出力の配線が正しく行われているかの確認、電圧の測定
  4. ラックの取り付け、搭載(ラックマウント型の場合)
  5. 各モジュールの搭載
  6. UPSを起動しての正常動作確認(停電試験、バイパス切替等)
  7. 取り扱いのご説明
注:Smart-UPS RT 5000/7500/8000/10000、 Symmetra、 Symmetra RM、 Symmetra LX RM と拡張バッテリフレームを同時に設置する場合、1台目の拡張バッテリフレーム設置料金は、UPS本体のスタートアップサービス料金に含まれます。2台目以降は、下記の表をご参照ください。

拡張バッテリフレーム用スタートアップサービスの申込個数表(本体と同時設置の場合のみ適用)
製品名/拡張バッテリ台数
1台
2台
3台
4台
5台
6台
7台
8台
9台
10台
Smart-UPS RT 5000,7500,8000,10000
0
1
1
1
1
1
1
2
2
2
Symmetra, Symmetra RM
0
1
1
1
1
1
1
-
-
-

例)Symmetra RMに拡張バッテリフレームを3台、本体と同時設置する場合、拡張バッテリフレーム用スタートアップは「1つ」のお申し込みになります。

Symmetra LX (タワータイプ)の拡張バッテリフレームのスタートアップは、本体と同時設置の場合であっても1台ごとにスタートアップサービスをご購入ください。
必要事項
 ① 注文書
 ② 作業実施に先立って電気工事とUPSの搬入が完了していること
 ③ 作業希望日より2週間前のお申し込み