シュナイダーエレクトリックのブランド

JAPAN パートナーログイン パートナープログラムへの参加方法

当社は、地域の変化や要求に対応し続けています

シュナイダーエレクトリックでは、お客様をはじめビジネスに関わるあらゆる関係会社からの期待にお応えすることを何よりも優先し、日々努力しています。

お客様やパートナー様とともに、私たちは、COVID-19のある生活から過去数か月にわたって多くのことを学びました。これにより、当社は事業を行っているあらゆる場所で、最善を尽くして地域の変化や要求に対応し続ける力を持てるまでに成長しています。

COVID-19が世界的に流行する中、重要なインフラとビジネスの継続性を維持するために世界的な取り組みを実施した結果、通常業務と、多くの人にとっての「新しいビジネス」(ニューノーマル)を継続しています。

当社はお客様、パートナー様、そして従業員の健康と安全確保を何よりも優先しています。そして地方自治体と連携し、以下のような取り組みを展開しています。
  • ソーシャルディスタンスに関するガイドラインに沿った、現場への立ち入り管理
  • 個人用保護具(PPE)の使用(必要に応じて)
  • 衛生・消毒対策の強化
  • 安全や衛生、リモートアクセス、デジタルツールを使用した代替作業ソリューション(該当する場合)について、関係者と定期的に情報を共有しています
  • 訪問前に、お客様と訪問手順・経路を調整し、全員の安全を確認しています
当社は、ビジネスの継続をサポートすることに重点的に取り組んでおり、次のことを提供することで、お客様とパートナー様がプロジェクトの再開、プロジェクトへの対応、または新しいプロジェクトの構築を行うことができるように支援しています。
  • デジタルレジリエンシー
  • サイバーセキュリティに優れたツールとインフラストラクチャ
  • 24時間365日体制のカスタマーサポートおよびテクニカルサポートとリモート管理機能(故障、修理、トレーニング、テストに関する安全なサポートなど)
当社のグローバルサプライチェーンは、需要に応じたカスタマーソリューションを共同で行う用意が整っています。コロナ危機により一部の対象サプライチェーンに問題が生じたため、ご不便をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。
現在すべての製造工場と流通センターが稼働しています。また、当社では引き続き次のような対策を講じています。
  • サプライヤー様やパートナー様と連携し、必要に応じて代替の供給源とシフト生産を確保
  • 代替輸送手段の検討
  • 影響を受けているグローバルな在庫バランスの調整
  • 予備品の在庫・供給に関する検討
当社の従業員は、この新しい環境に対応するデジタルツールとスキルを備えており、いつでも応じることができます。当社のすべてのチームはリモートワークの態勢が整っており、会社が支給するセキュリティ保護されたコンピューターを使用し、VPNを経由した安全なネットワークの利用を確保しています。

当社では出張を減らしつつも、リモートミーティングやその他のデジタルインタラクションの機会を通じて従業員同士やお客様とのつながりを維持しています。過去一年間、40万人以上のお客様とパートナー様にウェビナーおよびオンライントレーニングにご参加いただきました。

このコロナ危機の中、当社は、病院、ネットワーク、データセンター、給水施設、食品コールドチェーンなどの重要なインフラの整備と安全確保を続けています。シュナイダーエレクトリック財団とともに、当社は、緊急支援、長期的な復興、教育、職業訓練を通じて、社会的弱者の対応力、社会復帰、回復力の強化を支援する「「Tomorrow Rising Fund」を立ち上げました。

世界中の多くの地域が安定した状態ではありません。当社は、必要に応じて、地域の変化や要求を見守りながら対応を続けています。

ご不明な点がございましたら、シュナイダーエレクトリックカスタマーケアセンターまでお問い合わせください。

Schneider Electric の最新ニュースを読むには

こちらをクリック