シュナイダーエレクトリックのブランド

JAPAN パートナーログイン パートナープログラムへの参加方法

シュナイダーエレクトリック、APCフラグシップモデル初となるリチウムイオンバッテリー採用のUPSを発売

  • 同容量帯の鉛バッテリーと比べ約2倍の長寿命、約68%減の軽量化を実現
  • 無償保証期間を5年間へ延長
  • ネットワーク機器向け壁面取付け用ラックも同時発売

2019年12月18日 - エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、UPS(無停電電源装置)のリーディングブランド「APC by Schneider Electric」のフラグシップモデル「APC Smart-UPS」 から新たにリチウムイオンバッテリーを採用した「APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V」を発売します。受注開始は、2020年1月10日を予定しています。
また、本UPSが設置可能で、主にネットワーク機器を収納することを想定した壁面取付けラック「NetShelter WX」も発売します。2020年1月24日の受注開始を予定しています。

UPSは、突然の停電などの電源障害時に、サーバーなど接続されている機器に一定時間電力を供給する製品です。「APC Smart-UPS」 シリーズは、UPSのリーディングブランド「APC by Schneider Electric」のフラグシップモデルで、世界で2500万台以上使われている信頼性が高いUPSです。

この度発売する「APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V」は、同シリーズ初となるリチウムバッテリーで、鉛バッテリーを採用した同容量帯UPSと比べて約2倍の長寿命、約68%減の軽量化を実現しています。
また、奥行き232mmとコンパクトなため、併せて発売する奥行きの浅いネットワーク機器向けラック「NetShelter WX」にも搭載が可能です。「NetShelter WX」は、高さ3種類(6U*、9U、12U)、奥行き2種類(400mm、600mm)の計6種類をラインナップし、設置先の環境条件に合わせて選定いただけます。* Unitの略 ラックへの収納・取り付けの高さを表す単位。1U=1.75インチ。

本製品は、従来からUPSが使われてきたサーバーやストレージの電源保護に加え、IT機器の設置スペースが限られる店舗やクリニックのような環境におけるバックアップや、広い敷地内に複数の施設が点在する大学キャンパスや倉庫などのLANの中継地点でネットワーク機器の収容とバックアップとしての需要を見込んでいます。

【APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V主な特徴】

  • 鉛バッテリーを採用した同容量帯UPSと比べて約2倍、最長10年の長寿命、約68%減の軽量化を実現
  • 無償保証期間を同容量帯UPSの2年間から5年間へ延長
  • タワー型でもラックマウントにも対応可能 (ラックマウントキット同梱)
  • 奥行き232mmとコンパクトなため、奥行きの浅いラックにも搭載可能
  • 負荷機器の遠隔リブート、時間差オンオフ、優先設定した負荷機器のオフ等の機能を有する出力コンセントグループ
  • 電源保護ソフトウェア「PowerChute Business Edition」対応 (別売)
【NetShelter WX 主な特徴】
  • 壁面取付け用ラックエンクロージャー
  • 薄型(奥行400mm、600mm)でコンパクト(高さ6U、9U、12U)ながら耐荷重90kgまで可能

○製品カタログURL

APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA
http://catalog.clubapc.jp/pdf/ups/smart-ups_li-ion.pdf

NetShelter WX
http://catalog.clubapc.jp/pdf/rack/netshelter_wx_shwe.pdf

○製品についてのお問い合わせ先
カスタマーケアセンター TEL:0570-056-800

Schneider Electric の最新ニュースを読むには

こちらをクリック