シュナイダーエレクトリック、4年連続10度目 「BCN AWARD 2019」 UPS部門を受賞

シュナイダーエレクトリック、4年連続10度目
「BCN AWARD 2019」 UPS部門を受賞

2019年1月15日 - エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、このたび、株式会社BCNが主催する「BCN AWARD 2019」(1月15日発表)のUPS(無停電電源装置)部門を受賞しました。今回が、2009年のUPS部門開設以来、前身の株式会社エーピーシー・ジャパン時代を含め、4年連続10度目の受賞です。

UPSは、突然の停電や雷などの電源障害時に、PCやストレージ、ネットワーク機器に一定時間電力を供給し、安全なシャットダウンを支援し、機器の故障を防ぐ装置です。シュナイダーエレクトリックの提供する「APC by Schneider Electric」ブランドは、UPSのリーディングブランドとして、法人・個人問わず、安定した電力環境を提供しています。

IoTやAIなどの発達によりさまざまな環境でデータ活用が進み、データセンターやサーバールーム以外でも電源保護の重要性が増しています。その需要にこたえるため、2018年末には、APCブランド初となるIIoT(産業用IoT)環境に適した常時インバーター方式小型UPSの新シリーズ「SecureUPS」(セキュアユーピーエス)を世界に先駆け日本で発売しました。シュナイダーエレクトリックは、ユーザーのニーズを踏まえた信頼性の高い製品やサービスの提供により、これからも皆様にご愛顧いただける企業としてUPS市場をリードしていきます。

BCN AWARD とは
「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップの実売データを集計する BCN が、そのデータをもとに年間(1 月 1 日~12 月 31 日)販売台数累計第 1 位のメーカーを表彰する制度です。