• Default Alternative Text

    ニーズに最適なUPS製品を選択するためのガイド

Default Alternative Text

無停電電源装置(UPS)とは?

無停電電源装置(UPS)は、接続されている電子機器への電源保護を保証するものです。電源が切断された場合や基準値外に変動した場合、UPSは直ちに接続されている機器にバッテリーバックアップ電力とサージ保護を提供します。

シュナイダーエレクトリックの主力ブランドであるAPCは、コンピューターや周辺機器、ネットワークやサーバー、データセンターや施設向けのUPSオプションを提供しています。

UPS製品をすべて見る

適切なUPS製品を選定するためのサポートが必要ですか?

UPS選定ツールをご利用になり、自宅や会社に適したおすすめのUPS製品をご確認ください。
UPS選定ツール

自宅や会社にUPSが必要な理由

家庭:日常生活の中で、通信やセキュリティ、エンターテイメントに使用している電子機器には、予期せぬ停電や電圧変動、その他電力供給の切断により、破損するリスクや正常に機能しなくなるリスクがあります。UPSはご利用の電子機器対し、バックアップ電力を供給し、機器やデータ保護します。主な対象機器は以下となります。

  • ワイヤレスネットワーク機器(ルーター、モデム)
  • コンピューター
  • テレビ
  • セキュリティシステム
  • ゲーム機
  • モバイルデバイス

家庭向けのソリューションの詳細はこちら

Default Alternative Text
Default Alternative Text

ビジネス:停電によるダウンタイムは誰にとっても迷惑な事態ですが、企業にとってはさらに深刻な被害を被ることになります。UPSによって防止できた可能性のある停電によるダウンタイムは増加傾向にあり、毎年何十億ドル(何千億円)もの損失につながっています。Fortune 1000の企業の損失額の概要は以下の通りです。

  • 予期せぬダウンタイムによる年間平均損失額:12億5,000万ドル(約1,400億円)~25億ドル(約2,800億円)
  • インフラの機能停止による1時間あたりの平均損失額:10万ドル(約1,100万円)
  • クリティカルアプリケーションの機能停止による1時間あたりの平均損失額:50万ドル(約5,600万円)~100万ドル(約1億1,200万円)

ダウンタイム時にはビジネス機能が制限されるため、特に中小企業にとっては大きな金銭的リスクにさらされる可能性があります。

企業向けのソリューションの詳細はこちら

適切なUPSのサイズとは

電子機器には、最大有効電力(W)と最大皮相電力(VA)があります。いずれの電力も接続する機器の電力を下回ってはなりません。Wで表記される電力は、機器によって実際に消費される電力です。一方VAで表記される電力は「装置に加えられる電圧×装置に流れる電流)で計算される電力です。

適切なサイズのUPSを選ぶために、当社の「UPS選定ツール」をご活用ください。

Default Alternative Text
Default Alternative Text

力率

コンピューターやUPSユニットの場合、有効電力(W)と皮相電力(VA)が大幅に異なることがあります。ただし、皮相電力は常に有効電力以上になります。皮相電力と有効電力の割合を「力率」と呼びます。力率は、数値(例:0.8)またはパーセンテージ(例:80%)で表されます。用途に適したUPSを選ぶ際、力率は何よりも重要となります。一般的に、UPSの出力容量が、負荷機器によって消費される総電力を20~25%上回る出力容量(有効電力定格)である必要があります。

力率に関する詳細は、当社のホワイトペーパーをご確認ください。

機器を停電から守るために必要なランタイムとは?

UPSでバックアップしようとしている機器によって異なります。ランタイムとは、停電時にUPSが接続されている機器に電源を供給できる時間の長さです。お使いのUPSに接続されている機器が多ければ多いほど、ランタイムは短くなります。このため、UPSからクリティカルな機器のみにバックアップ電源が提供されていることを確認することが重要となります。
Default Alternative Text

UPSシステムを選ぶ際に知っておくべき主な機能

標準機能

  • 容易に交換できるバッテリー - バッテリーのアップグレードと交換が容易に行えます。
  • サージ専用コンセント - 停電時に重要な機器を動かすために使用するバッテリー電力を削減することなく、補助電子機器をサージやスパイクから保護します。 
  • 建物の配線インジケーター - このLEDは、電気回路内に危険な配線があることを示します。
  • トランスブロックコンセント - 他のレセプタクルへのアクセスを遮断することなく、入力トランスブロックを備える機器を保護します。
  • 自動セルフテスト - バッテリーの定期点検によりバッテリーの交換タイミングを早期に検出します。

強化された機能

  • 自動電圧修正(AVR) - バッテリーを使用せず、低電圧および高電圧を補正することにより、システムの可用性を高めます。
  • バッテリーからの純粋な正弦波出力 - 使用中のPFC(力率改善回路)サーバーと精密電子機器に対して最高水準の互換性を提供するため商用電力をシミュレーションします。
  • SmartSlot - マネジメントカードによってUPSの機能をカスタマイズできます。
  • 延長できるランタイム - 必要に応じて外付けバッテリーパックを用いてランタイムをさらに延長します。
  • 電源調整 - 接続された負荷機器をサージ、スパイク、雷などの電源障害から保護します。

高度な機能

  • 調整可能な切替電圧 - 入力電圧ウィンドウを拡張し、出力電圧の制限を厳しくすることにより、バッテリー寿命を最大化します。
  • 温度によって補正されるバッテリー充電 - 実際のバッテリー温度に応じて充電電圧を規制することで、バッテリーの寿命を延長します。
  • インテリジェントバッテリー監視機能 - 正確な充電管理によって、バッテリーの能力、寿命、信頼性を最大限に高めます。
  • 故障予測通知 - 初期段階で異常を分析することによって、プロアクティブにコンポーネントを交換できます。
  • プラグアンドプレイ拡張バッテリー - UPSにランタイム時間を追加するときに、負荷に対してクリーンで変動のない電源を確実に供給します。

UPSバッテリーバックアップで回避できる電源障害

何千マイル(約1,600km)にも繋がる送電線に起因する電源障害の多くは、ハリケーンや雷、嵐や雪、気温の低さや洪水などの天候の変化や機器の故障、交通事故などが影響しています。

電源に関する各種障害に関する詳細は、当社のホワイトペーパー「7種類の電源障害」をご確認ください。

こちらをクリック

Lightning storm over Port Lincoln. South Australia South Australia Power Network SAPN customer story

コンピューター&周辺機器

コンピューター、ホームネットワーク、外付けストレージ、ゲーム機、自宅サーバーなどを対象としたバッテリーバックアップとサージ保護。

ネットワーク&サーバー

エントリーレベルから高性能サーバー、ストレージ、企業ネットワークシステムまで対応する電源保護と管理。

データセンター設備

企業規模のネットワーク、データセンター、ミッションクリティカルなシステム、産業/製造プロセス向けの総合的なソリューションが装備された三相の電源保護。

特殊用途

産業分野での制御、再生可能エネルギー、海洋、通信などの特殊な単相用途向けの安全な電源システム。

UPSの管理

UPS管理と安全なシステムシャットダウン向けのソフトウェア、ネットワークマネジメントカード、および周辺機器。

UPS用交換バッテリー

Smart-UPS等の交換用バッテリーカートリッジ(RBC)。