• Default Alternative Text

    エッジコンピューティング向けには、 APC の物理インフラ統合管理ソリューションをお選びください。

Default Alternative Text

標準化された エッジコンピューティング向けソリューション

APC が提供するエッジコンピューティングソリューションを利用することで、分散型 IT インフラの設計および展開が迅速で容易かつ反復可能な方法で実現できます。マイクロデータセンター用の物理インフラから、ラックレベルで拡大縮小可能な注文仕様構成 (CTO: Configure-To-Order)、そしてお客様固有の要件に見合うように柔軟性を持たせたカスタマイズ性の高いソリューションに至るまで、多様なソリューションを取り揃えています。

マイクロデータセンター向けソリューションを見る

ハイパーコンバージドのリファレンスデザインを見る

エッジ コンピューティングのリモートサイト管理

StruxureWareTM データセンターインフラ管理 (DCIM: Data Center Infrastructure Management) ソリューションで、ダウンタイムの最も一般的な要因である管理対象外の UPS の利用を回避し、エッジコンピューティングサイトでの可用性を確保します。ベンダーに依存しないAPC のデータセンター管理ソフトウェアでは、カメラ画像、電源および環境関連の測定数値を共通の管理プラットフォームにまとめて表示できます。ビジネスに影響を与える画像やアラートは、すぐに確認と管理が行えるので、トレンドの分析や問題の回避が容易になり、物理的脅威への対策が可能となります。

管理ソフトウェア

Default Alternative Text
Default Alternative Text

エッジコンピューティングの物理セキュリティ

サイバーセキュリティ対策は物理セキュリティから始まります。APC のセキュリティと環境ソリューションでは、重要なエッジコンピューティング環境を不正なアクセスから保護し、分散したサイトにおけるセキュリティ侵害を低減します。IT 環境へのアクセスを制御しながら、物理的脅威を監視してアップタイムの維持とデータ保護を実現します。

セキュリティソリューションを見る

エッジコンピューティング向けのAPC製品の特長

  • 世界中でサポートされる標準化ソリューションを用いたシンプルな設計や導入
  • あらゆる IT 環境で物理インフラを一元管理
  • IT 環境の物理インフラにおいて、不要な作業や人為的ミスに起因するダウンタイムを回避
Confident server room technician at laptop

クラウドではなく 、エッジに IT を構築する理由は?

IoT の進展によって、データへのアクセスと接続性が極めて重要になりました。クラウドストレージは効果的である一方、レイテンシー、帯域幅、セキュリティ上の問題、オフラインのアクセスの欠如など、パフォーマンスに影響をおよぼす可能性のある大きな制約があります。エッジにおけるデータセンターのベストプラクティスを見てみましょう。
ホワイトペーパーを見る