{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ) AVRリレーヨウチャクと表示された際のトラブルシューティング

継続的にSMT/SMXをご利用いただいている中で故障ランプとLCDモニタに『AVRリレーヨウチャク』(英語表記: AVR Relay Weld)と 表示された場合の内容と対処方法を説明します。 ■AVRリレーヨウチャクについて Smart-UPS LCD(SMT/SMXシリーズ)はラインインタラクティブ方式のUPSとなります。 通常、UPSに入力された電気をそのまま出力しておりますが 入力の電源電圧が、高くなった、低くなった、乱れた(電源のノイズ)といった変動に応じて、 バッテリ運転や、電圧補正の動作へと切り替わります。...

バッテリ交換手順 (SUA3000RMJ2UB ラックマウント・ユニット)

Smart-UPS RM 3000 ブラックモデル (3000VAラックマウント・ユニット: SUA3000RMJ2UB)のバッテリ交換手順についての説明です。 【はじめに】 本案内の SUA3000RMJ2UB 製品名:Smart-UPS 3000 RM (ブラックモデル)の交換用バッテリキットの型番は RBC43 [SUA3000RMJ2UB 交換用バッテリキット]となります。 本体写真 : SUA3000RMJ2UB 製品名:Smart-UPS 3000 RM (ブラックモデル) バッテリ写真 : RBC43 製品名: SUA3000RMJ2UB 交換用バッテリキット...

バッテリ交換手順 (SUA1500RMJ2Uラックマウント・ユニット) : サポート終了製品

SUA1500RMJ2U(筺体色:白)につきましては販売終了から5年を経過しており、保守サービス対象期間(製品サポート期間)は終了しております。 バッテリ交換LED点灯に際しましては、UPS本体の新規お買い替えをご検討ください 【はじめに】 Smart-UPS 1500 RM (1500VAラックマウント・ユニット: SUA1500RMJ2U ・ SUA1500RMJ2UB)のバッテリ交換についての説明です。 本製品につきましては、2005年に販売終了し、保守サービス対象期間(製品サポート期間)も終了していることから、お買い替えを推奨致します。 ● 製品の概観写真 本体写真...

APC RS 400/550 (BR400G-JP, BR550G-JP)のマスタ連動コンセント機能について

APC RS 400 (BR400G-JP), APC RS 550 (BR550G-JP)のマスタ連動コンセントの機能と設定の説明です。 なお、BR400G-JPならびにBR550G-JPは販売終了製品です。 【マスタ連動コンセントとは】 マスタ連動コンセント機能とは、UPSのマスタコンセントに挿す機器(マスタ)の On/Off、コンピュータのスリープモード等の状態に対して、 マスタ機器の動作に連動コンセントが連動することで、他の機器の On/Off制御をする機能となります。...

PowerChute Business EditionおよびPowerChute Network Shutdownで、アドレスにlocalhostを使用した場合、FirefoxからWEB UIにアクセスできない

このページでは、PowerChute Business EditionおよびPowerChute Network Shutdownで、アドレスにlocalhostを使用した場合、FirefoxからWEB UIにアクセスできない問題について説明しています。 【対象製品】 PowerChute Business Edition 全てのバージョン PowerChute Network Shutdown 全てのバージョン 【環境】 Mozilla Firefoxバージョン37, 38, 39, 40を使用しているLinux OS 【問題の詳細】 PowerChute Business...

PowerChute Network Shutdownのサービス(デーモン)起動・停止方法

このページでは、PowerChute Network Shutdownのサービス(デーモン)の起動・停止方法を説明します。 【対象製品】 PowerChute Network Shutdown ■ Windows GUIのサービスコンソールから起動・停止する場合 サービスコンソールで「PowerChute Network Shutdown」をクリックし、[操作]メニューからサービスの[停止]または[開始]をクリック v3.0.1およびそれ以前のバージョンではサービス名は 「PowerChute Network Shutdown Group 1」となります。...

PowerChute Business EditionでコンピュータがUPSと連動して自動起動しない場合の確認事項

PowerChute Business Editionによるシャットダウンプロセス後のUPSの再起動時、コンピュータが自動起動しない場合の確認点及び対処方法を記載しています。 電源障害発生に伴うコンピュータのシャットダウン後、もしくはPowerChute Business Editionによるスケジュールシャットダウン後に接続されているコンピュータが自動起動しない場合の確認事項です。 コンピュータが立ち上がってこない場合、以下の2点の状態のいずれかが考えられます。 該当する内容を確認のうえ対処ください。 UPSがスリープ状態からオンライン状態に戻らない場合 → UPSの設定を確認ください...

Smart-UPS(SU/SUAシリーズ) UPSの設置方法

UPSの設置方法の説明です。 装置は、安定した場所に設置し、正立の状態でお使いください。 通電中に傾けたり、上下逆転、横倒しにしないでください。 正しい向き以外の設置については、バッテリの液漏れが発生した場合、装置内部より異臭の発生および火災の恐れがあります。 また、UPSの通風孔を塞がないよう周りを開けて設置ください。 【設置例】 ※図はSmart-UPSのタワーモデルです。 タワー型UPSは重ねて設置しないでください。また、詰めて並べる設置についても双方のUPSにおいて放熱に支障が出ることから十分に距離を確保してください。 また、設置する環境においては以下についてご注意ください。 ・...

人気の動画FAQ人気の動画FAQ

一般知識一般的な知識

UPSの運転方式について

常時商用給電方式、ラインインタラクティブ方式、常時インバータ方式について説明をします。 ● 常時商用給電方式 通常時には商用電源をサージ保護およびノイズフィルタを通して出力し、電源障害時にはバッテリから出力する方式です。バッテリへの切り替え時間は8〜10ミリ秒です。 ● ラインインタラクティブ方式 通常はサージ保護回路、ノイズフィルタを通してサージ、ノイズを除去し出力します。入力波形検知ができ、フィルタで除去できない波形があるとバッテリ給電に切り替わります。...

矩形波出力のUPSでバッテリ運転時に出力電圧が60〜85V前後と計測される

UPSバッテリ運転時に出力電圧を計測すると80V前後の電圧値が計測される場合についての説明です APC ESシリーズ、APC RSシリーズ(一部機種)、バッテリ運転時の出力が矩形波(図2)の仕様となっております。 これらのUPSが停電等の電源障害やセルフテストにおいて、バッテリ運転に切り替わった際にバックアップコンセントで出力される波形が矩形波となります。 この矩形波の交流電圧を測定する際に矩形波に対応していない電圧測定器(簡易テスターなど)をご使用された場合には 正しく矩形波出力の実効値を測定することができないことで、...

APCブランド製品 各種証明書の発行について

弊社では、APC製品をお取り扱いいただいておりますお客様、販売店様向けに入札等で必要となる各種証明書を発行しております。 APCブランド製品 各種証明書発行依頼ページ にてお受付しております https://itjpncert.schneider-electric.com/ 提供する証明書の種類 定価証明書 代理店・販売店証明書 輸入価格不提出理由書 財務諸表不提出理由書 納入実績一覧表不提出理由書 円貨建価格設定証明書 子会社および総販売店元証明書 関税率証明書 物品供給証明書 製品仕様書(提出用表紙) 非該当証明書 米国輸出規制(EAR判定)...

暗号を含む弊社製品、ソフトウェアについて

弊社の暗号機能を有する製品、ソフトウェアにつきましては、輸出令の「市販暗号プログラム」に該当する要件の説明です 弊社の暗号機能を有する製品、ソフトウェアにつきましては、輸出令の「市販暗号プログラム」に該当する要件を以下の通り満たしております。 このため、規制除外品として輸出することができます。 1) 購入に際しては、何らの制限も受けず、店頭、郵便もしくは信書便又はWebからのご注文により、販売店の在庫から販売されるものです。 2) 当社の製品、ソフトウェアで使用されている暗号機能はお客様の方で変更することができません。 3)...

APCブランド製品 非該当証明書の発行について

弊社ではUPSをはじめとするAPCブランドの製品を海外に輸出されるお客様で、非該当判定を必要とするお客様に対して「非該当証明書」の発行を行っております。 非該当証明書 発行手順 【お申込み方法】 1. APCブランド製品 各種証明書発行依頼ページ にアクセスしてください https://itjpncert.schneider-electric.com/ 2. ご依頼主様の必要情報を入力してください 送付先をご依頼主様以外としたい場合には、送付先が異なります にチェックをいれていただくと、送付先の入力画面が追加で表示されます。...

APC製品のRoHS指令対応に関する取組み

弊社、APC by Schneider Electricの製品についての取組みについては下記ページにてご案内しております。 ご参照ください。 http://www.apc.com/jp/ja/who-we-are/sustainability/environmental-compliance/rohs-reach-compliance.jsp なお、各製品のコンプライアンス状況につきましても同ページ内にあるリンク先の英語サイトにてご確認いただけます。

計画停電に際し、UPS(無停電電源装置)をご使用にあたっての注意点

計画停電においてUPS(無停電電源装置)をご使用するにあたり、注意点についての説明です。 計画停電におけるUPSをご使用されるにあたっては以下に注意ください。 ・ 負荷機器の接続について ご使用の装置(UPS)の定格仕様範囲内でご使用ください。 仕様を超える電力容量の接続、カタログ上の消費電力の合計値が範囲内においても多数の機器の接続の場合には装置が故障する可能性があります。 また、UPSに対して接続される機器の数、電力容量が増えるほどUPSのランタイム(バックアップ時間)が短くなることにご注意ください。...

構成事例:冗長電源を持ったサーバの電源保護

構成事例:冗長電源を持ったサーバでのUPSの使用 環境と背景 冗長電源を持ったサーバがあり、その冗長性を生かしUPSで電源を構成したい。 機器の構成 機器 台数 1台当たりの最大消費電力(W) Windows サーバ (OS: Windows Server 2012 R2) 1 450W x2 冗長化構成/電源2基 消費電力: 450W (電源はN+1の冗長構成とする) ■イメージ図 ■APC製品ソリューション 製品名 製品型番 数量 コメント Smart-UPS 1500 LCDRM 2U 100V SMT1500RMJ2U 2 最大出力容量:1500VA ※1:...

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。