{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

FAQを参照する

バッテリー交換手順 Smart-UPS SRT (SRT192BPJ, SRT192BP2J 拡張バッテリー)

SRT5KXLJ用拡張バッテリー (型番: SRT192BPJ), SRT8KXLJ, SRT10KXLJ用拡張バッテリー(型番: SRT192BP2J) のバッテリー交換手順についての説明です。


【はじめに】
SRT5KXLJ用拡張バッテリー (型番: SRT192BPJ), SRT8KXLJ, SRT10KXLJ用拡張バッテリー(型番: SRT192BP2J) の
交換用バッテリーキットは 拡張バッテリー1台あたり 型番: APCRBC140J ×2式 です。
作業にはバッテリーモジュールを留めているネジを外すためにプラスドライバーが必要となります。あらかじめご用意ください。
バッテリーモジュールは高電圧から絶縁されているため、バッテリーの交換は安全です。
その他、作業上の注意点 や ホットスワップによるバッテリー交換について などページ下部に記載しておりますのでご確認ください。


● 製品外観
SRT192BPJAPCRBC140JAPCRBC140J
拡張バッテリー写真: SRT192BPJ
SRT5KXLJ用拡張バッテリー
バッテリー写真: APCRBC140J
交換用バッテリーキット (2本入り) ×2式 *1


*1 SRT192BPJ (SRT5KXLJ用拡張バッテリー), ( SRT192BP2J (SRT8KXLJ, SRT10KXLJ用拡張バッテリー)には、
計4本のバッテリーモジュールが必要になります。
交換にあたって、型番: APCRBC140J x2式  計4本用意してください。



【バッテリー交換手順】

● バッテリーの取り外し
1. 交換用バッテリーキット(型番: APCRBC140J) の 2つの箱から 計4本つのバッテリーモジュールを取り出します。

0101

2. フロントベゼルを外します。

02

3. バッテリーカバーの 4つのネジを外します。
03

4. バッテリーカバーを開け、バッテリーコネクターを 4箇所外します。

04

5. バッテリーモジュールのハンドルをしっかり持って、バッテリーモジュールをゆっくりと装置内部から半分ほど引き出します。
次いで、バッテリーモジュール底面をしっかりと持って、UPS内部からバッテリーモジュールを取り出します。
バッテリーモジュールは4つあり、1本ずつ上記作業で取り出してください。

05

6. 取り出した古いバッテリーモジュールを梱包箱に梱包します。
(交換用バッテリーキットの箱は処分せずご使用済みのバッテリーの輸送にご利用ください。)

06


● 新しいバッテリーの装着
7. バッテリーモジュールを内部の取り付け溝に沿って、静かにスライドさせ挿入します。
交換用バッテリーキットには 2個のバッテリーモジュールが梱包されています。同じ箱から取り出したバッテリーモジュールはとなり同士に挿入する必要があります。

07
* 同じ箱から取り出したバッテリーモジュール2個をとなり同士に挿入しない場合、
バッテリーの寿命が通常よりも短くなる場合があります。


8. バッテリーコネクター 4箇所を本体のコネクターに接続します。
接続した後コネクターがしっかりと挿入されていることを確認してください。

08

9. バッテリーカバーを閉じ、バッテリーカバーの 4つのネジを止めます。

09

10. フロントベゼルのフック(爪) が取り付け溝に挿入されていることを確認しながら、フロントベゼルをゆっくりとはめます。

10



【バッテリー交換後の操作】

● 電源停止での交換
電源を停止した状態でバッテリー交換をした場合には、電源起動ののち手動でバッテリー交換日付を設定してください。
上下の矢印のボタンを使い [メインメニュー] > [設定] > [バッテリー] > [インストール日付: 電池パック 1, RBCx/x ] を選択し、設定します。


ホットスワップでの交換

・ バッテリー交換後に表示されるメッセージについて
交換用バッテリーカートリッジ(RBC)がインストールされると、
” 電池パック 1, RBCx/x 新RBC: ” と液晶画面上にバッテリー交換したかを確認するメッセージが表示されます。
” はい ” を選択してください。
UPSが現在の日付をバッテリーカートリッジ(RBC)のインストール日付として設定します。

[上記メッセージが表示されない場合]
上記 [電源停止時の交換] と同様の手順で設定してください。


バッテリー交換手順は以上です。交換後のバッテリーは、満充電まで約3時間かかります。
UPSの入力電源が来ていれば、出力オフ時でもバッテリーは充電されます。



----------


【ホットスワップでのバッテリー交換について】
本モデルは ”ホットスワップ(UPS本体の電源ONのまま)でのバッテリー交換が可能” です。
拡張バッテリーの内蔵バッテリーキットを外しているあいだ、万一電源障害が発生した場合はUPS本体のバッテリーより電源供給をいたします。
このため、UPS本体のバッテリー充電が十分であることを確認いただき、拡張バッテリーのバッテリー交換をおこなってください。


【ご注意】
・本モデルのバッテリーモジュールは1個で約18kgとなります。重量物ですので、お取り扱いには十分注意して2人以上で作業をおこなってください。
・本体を運搬する際は機器を水平に保ち移動してください。


【交換後の使用済みバッテリーについて】
交換後の使用済みバッテリーについては、弊社で承っております。
送料元払い(お客様負担)となりますが、事前の申し込みや処理費用は不要です。
購入したバッテリーキットの梱包箱は捨てずに取り外したバッテリーの送付時にご利用ください。​​​​​​
参考: APC UPS 使用済みバッテリー発送方法


【参考】
・ファイルでの入手を希望の場合は仕様書にも記載があります。
対象UPSの仕様書をダウンロードし、”バッテリー交換”の項目をご確認ください。
参考: APCブランド UPS各製品 仕様書のリンク

APC 日本

詳細を見る
製品:
APCRBC140JSRT192BPJSRT192BP2J
詳細を見る
製品:
APCRBC140JSRT192BPJSRT192BP2J