{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Network Shutdownで一部のESXiホストのメンテナンスモードが解除されず仮想マシンが起動しない

このページでは、PowerChute Network ShutdownのVMWare環境に対する起動シーケンスにおいて、一部のESXiホストに対してメンテナンスモードの解除ができず、仮想マシンの起動ができない事象について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown for Virtualization 全てのバージョン
VMWare vSphere 7.0U2以降

【事象について】
PowerChuteが複数のESXiホストに対して起動シーケンスを開始した際に、一部のESXiホストのメンテナンスモードの解除に失敗することがあります。
(※このときPowerChuteのイベントログには、該当のESXiホストのメンテナンスモードに関連するメッセージが出力されません)
PowerChuteがメンテナンスモードの解除に失敗したため、その後の仮想VMの起動も失敗します。

【発生要因について】
PowerChuteの起動シーケンス開始時に登録したvCenter Server(またはVCSA)が停止状態だった場合には、PowerChuteは各ESXiホストに対して直接ログインを行い、メンテナンスモードの解除を行います。このとき、タイミングによって、vCenter ServerがPowerChuteが行ったESXiホストへのメンテナンスモード解除を正しく認識できない場合があります。
上記を回避するため、以下の対処方法の実施をお願いします。

※ 本事象はVMWare vSphere 7.0U2以降で発生することが確認されています

【対処方法について】
以下の手順に従ってPowerChuteを設定してください。

1. PowerChuteインストールフォルダ内のpcnsconfig.iniファイルを開きます

2. “delay_after_vcsa_powered_on_and_connected“のパラメータに600を指定します
設定例:delay_after_vcsa_powered_on_and_connected = 600

3. PCNSのサービスを再起動します

上記設定により、PowerChuteはvCenter Serverの全サービスの正常起動を待つために、600秒間待機します。

※1: 600秒でも事象が改善されずに再発する場合は、上記2の設定値を600秒より大きい値に設定し、再度確認してください。
※2: 起動にかかるトータルの時間が長くなります

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
詳細を見る