{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Business EditionとUPS Interface Expander 2 (AP9624)の推奨シャットダウン設定について

PowerChute Business EditionとUPS Interface Expander 2 (AP9624)の推奨シャットダウン設定について

【対象製品】
PowerChute Business Edition v10.0以降
UPS Interface Expander 2 (AP9624)

【概要】
PowerChute Business EditionとUPS Interface Expander 2 (AP9624)を組み合わせて使用する場合、
UPSのインターフェイスポート (UPS本体のUSBもしくはシリアルポート) に接続されたサーバーをマスターサーバー、
AP9624のポートに接続したサーバーをスレーブサーバーと定義します。

電源障害時のシャットダウンは、以下のようにマスターサーバーを主体として動作する設定を推奨しています。

[マスターサーバーのシャットダウン設定]
 (1) 即時
 (2) UPSのバッテリー状態が次の時間経過後
 (3) ランタイム制限で

以上のいずれの設定も使用可能です。

[スレーブサーバ―のシャットダウン設定]
  (1) UPSがローバッテリーイベント信号を出力したとき

上記の設定を推奨します。
スレーブサーバーは、UPSのローバッテリーイベントを受信したときのみシャットダウンを開始する設定となりますが、
実際はマスターサーバーによるシャットダウンが開始され、UPSのTurn offが発行されたタイミングで、
スレーブサーバーのシャットダウンも自動的に開始されます。

この設定により、マスターサーバーのシャットダウンを主体とした、スレーブサーバーのシャットダウンが可能となります。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。