{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Network Shutdown v4.4 ご紹介(最新版)


このページでは、PowerChute Network Shutdown v4.4 の主な機能と前バージョンからのアップデートをご紹介します。
image.png



HCI対応システム拡張

ハイパーコンバージドインフラの対応システムを拡張し、VMware vSAN、Nutanix, Microsoft Azure Stack HCIに加え、Cisco HyperFlex、および、HPE SimpliVityの自動シャットダウンをWebインターフェースの操作設定で可能にしました。これにより、従来のスクリプトによる設定とプログラム構築が不要となります。

image.png



VMware vSAN 環境でのより柔軟な構成

PowerChute仮想アプライアンスをESXiホストへデプロイすることでPowerChute用管理サーバーが不要となりました。また、アドバンスドUPS構成において、PowerChute仮想アプライアンスの使用が可能となりました。


HCI 最新ハイパーバイザーのサポートHCI 最新ハイパーバイザーのサポート

VMware vSphere 7.0、Nutanix AOS 5.15、Windows Server 2019 Azure Stack HCIのサポート。


SSHによるストレージ管理

NetApp ONTAP 9.x のサポート。カスタムコマンドプロンプトを設定により、各ストレージシステムに対応します。





PowerChute対応OS表

PowerChute Network Shutdown 4.4

Windowns & Linux Windows (Hyper-V環境を除く)、Linux (仮想化対応)
Virtualization Windows (Hyper-V環境)、VMware、Nutanix、HyperFlex、SimpliVity

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
詳細を見る