{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Business Edition for Linuxでプロセスが高負荷状態になる

要約:
このページでは、Linuxで使用しているPowerChute Business Editionで、PowerChuteのプロセスの使用するCPU利用率が高い状態を維持する事象とその回避策について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Business Edition for Linux

【問題の概要】
サーバー環境によってPowerChuteを長期間稼働し続けると、PowerChuteプロセスのCPU利用率が徐々に微増し、高負荷状態のまま稼働することがあります。

【問題の発生条件】
PowerChute Business Editionを、Redhat OSにインストールして動作させる

【回避方法】
PowerChuteのプロセスの使用するCPU利用率が高い状態が維持されている場合には、
以下のいずれの方法を行ってください。

・OSの/tmp領域をクリアする
→ 大量のファイルが存在すると本事象が発生する可能性があります

・PowerChuteのサービスを再起動する
→ 高負荷状態になった場合は一旦サービスを再起動することで通常状態に戻ります
詳細を見る
詳細を見る

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。