{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Network Shutdown 製品型番一覧

PowerChute Network Shutdown型番一覧 および 型番選択のポイント

製品型番 エディションライセンス数
SSPCNSWL1J Windows & Linux版1ノード・Windows (仮想化なし)、Linux対応
・1年間のアップグレードライセンスがバンドルされています。(延長不可)
SSPCNSWL5J5ノード
SSPCNSV1JVirtualization版1ノード・Windows (仮想化あり)、VMware対応
・1年間のアップグレードライセンスがバンドルされています。(延長不可)
SSPCNSV5J5ノード
SSPCNSSP1JSpecialized OS版1ノード・ UNIX (IBM AIX、HP-UX、Oracle Solaris)、MacOS X対応
・1年間のアップグレードライセンスがバンドルされています。(延長不可)
SSPCNSSP5J5ノード
以下の型番は2014年 販売終了しています。
SSPCNSS1JStandard Edition1ノード・Windows (仮想化なし)、Linux、Mac OS対応
・アップグレードライセンスなし
SSPCNSS10J10ノード
SSPCNSS1UJ1ノード・Windows (仮想化なし)、Linux、Mac OS対応
・1年間のアップグレードライセンス付き
SSPCNSS10UJ10ノード
SSPCNSE1JEnterprise Edition1ノード・Windows (仮想化あり)、VMware、UNIX対応
・アップグレードライセンスなし
SSPCNSE10J10ノード
SSPCNSE1UJ1ノード・Windows (仮想化あり)、VMware、UNIX対応
・1年間のアップグレードライセンス付き
SSPCNSE10UJ10ノード
SSPCNSS1EJStandard Edition1ノード・既存の「アップグレードライセンス」の延長用の型番です。
・SSPCNSWL1J、SSPCNSWL5J、SSPCNSV1J、SSPCNSV5J、SSPCNSSP1J、SSPCNSSP5J
のアップグレードライセンスには使用できません。
SSPCNSS10EJ10ノード
SSPCNSE1EJEnterprise Edition1ノード
SSPCNSE10EJ10ノード

ライセンスのカウント方法について
  • 管理対象(シャットダウン対象)の物理サーバ(コンピューター)1台あたり、1ノードライセンスが必要となります。
  • 管理対象サーバが仮想環境に含まれる場合、VirtualizationまたはEnterprise Editionが必要です。
  • 仮想マシン(ゲストOS)の台数はライセンスにはカウントしません。
  • コンピュータ以外のデバイスの台数はカウントしません。(ストレージ、ネットワーク機器等)
※ PowerChute Network Shutdownの各バージョン情報はPowerChuteシリーズ 対応OS表 を参照してください。
※ 対応UPSの型番、モデル名詳細については電源管理ソフトウェア(PowerChute) UPS別 対応表 を参照してください。
詳細を見る
詳細を見る

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。