{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

APC RSシリーズ (BRxxxG-JP・BRxxxS-JP)の違いは何ですか?

APC RSシリーズである製品型番「BR***G-JP」 ( 例: BR400G-JP )はメーカー販売終了製品で
後継機として現在販売している製品は「BR***S-JP」( 例: BR400S-JP )となります。
仕様において、従来品からの主な変更点を以下にご紹介いたします。

■対象型番
現行品(BR***S-JP)従来品(BR***G-JP)
製品型番BR400S-JP, BR550S-JP
BR1000S-JP, BR1200S-JP
BR400G-JP, BR550G-JP
BR1000G-JP, BR1200G-JP


■変更点
現行品(BR***S-JP)従来品(BR***G-JP)
保証期間3年2年
出力波形 *1正弦波近似正弦波
ネットワーク回線保護 *210/100/1000 Base-T10/100 Base-T
マスター連動コンセント *3なしあり
USB通信に関しての変更はございません。

*1:バッテリ運転時の出力波形が、近似正弦波出力から、商用電源と同じ正弦波出力に変わりました。

*2:ネットワーク回線のサージ保護機能が、100 Base-Tまでの対応でしたが、
1ギガビット(10/100/1000 Base-T)のネットワーク回線保護対応が可能となりました。
これに伴い、従来品で対応していたアナログ回線(電話回線)保護の機能はなくなりました。

*3:従来品で採用されていたマスター連動コンセント機能がなくなりました。
マスター連動コンセント機能の説明はこちら を参照


APC UPS各製品 仕様書
詳細を見る
製品:
BR400G-JP
詳細を見る
製品:
BR400G-JP

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。