{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

FAQを参照する

PowerChute Network Shutdown for Virtualization 仮想マシン上にPowerChuteとvCenter Serverをインストールする際の注意事項

このページでは、PowerChute Network Shutdown for Virtualization v3.1, v4.xで、
仮想マシン上にPowerChuteとvCenter Serverをインストールする際の注意事項を説明しています。


【対象製品】
PowerChute Network Shutdown for Virtualization v4.x
PowerChute Network Shutdown for Virtualization v3.1


【構成上の注意事項】
PowerChute Network Shutdown for Virtualizationでは、
PowerChuteとvCenter ServerがVMwareホスト上で稼働する同一の仮想マシン上で動作している場合、以下に記載の問題が発生します。
そのため、vCenter Serverを仮想マシン上にインストールしている環境では、
以下のいずれかの構成でインストールしてください。

・PowerChute Network Shutdown とvCenter Serverをそれぞれ別の仮想マシン上にインストールしてください。
・PowerChute Network Shutdown をVMWare上の1つの仮想マシンとして稼働させる場合は、
vMAの上にインストールするか、仮想アプライアンスとしてデプロイしてください。



【問題の概要】
PowerChute Network Shutdown for Virtualizationで、
PowerChuteとvCenter ServerがVMwareホスト上で稼働する同一の仮想マシン上で動作している場合には、
シャットダウンシーケンスが正常に動作しません。


【原因】
PowerChute Network Shutdown が、vCenter Serverに対してシャットダウン命令を出した際に
次の命令を出す前にOSのシャットダウンが始まってしまうことで、
UPSおよびESXiホストにシャットダウン命令を発行できません。

APC 日本

詳細を見る
製品群:
PowerChute Network Shutdown
詳細を見る
製品群:
PowerChute Network Shutdown