{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Network Shutdown v3.1がvCenter ServerやESXiホストに接続できず、仮想マシンやホストへのアクションを実行できない

このページでは、PowerChute Network Shutdown v3.1がvCenter ServerやESXiホストに接続できず、仮想マシンやホストを管理するためのアクションを実行できない問題について説明しています。

【問題の概要】
PowerChute Network Shutdownは、TCPポート443を利用し、URL "https://<IP Address>/sdk"でvCenter Server/ ESXi ホストのWEBサービスに接続します。TCPポートをデフォルトのポート番号から別の番号へ変更した場合、PowerChute Network ShutdownはvCenter Server/ ESXi ホストに接続することができません。
この問題は、PowerChute Network Shutdownがポート443での通信しか許可していないために発生します。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v3.1をVMware環境で使用する場合

【回避方法】
回避方法はありません。ポート443を使用してください。

尚、この問題はv3.1以降のバージョンで修正されています。

詳細を見る
製品:
PCNS
詳細を見る
製品:
PCNS

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。