{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

FAQを参照する

PowerChute Business Edition v9以前 UPS Interface Expander 2(AP9624)のポートと接続しているコンピューターのインストール手順 [サポート終了バージョン]

UPS Interface Expander 2 (型番: AP9624) の増設ポートと接続したコンピューターでPowerChute Business Edition v9以前のバージョンをインストールする際の手順を記載します。
なお、PowerChute Business Edition v9以前のバージョンは、動作検証などの製品サポートを終了しております。
サポートを希望される方は、最新バージョンのPowerChute Business Edition v10 へお買い替えください。
UPS Interface Expander 2 (型番: AP9624)は、以降 IE2 と表記します。


【対象バージョン】
PowerChute Business Edition v9以前 [サポート終了バージョン]

【はじめに】
インストールにおいて、IE2の2つの増設ポートへ付属ケーブルで接続したコンピューターにPowerChute Business Editionのエージェントをインストールする場合には、通信形式の仕様により自動ではUPSが検出されないためUPSポートの確認画面にて手動で選択する必要があります。
本コンテンツは、IE2の増設ポートに接続したコンピューターのインストール手順です。
本体のシリアルポートのインストールは こちら になります。


製品概観
IE2

図: UPS Interface Expander 2(型番: AP9624)


【インストール手順】

1. 製品のインストール画面にて "Windowsエージェント" の項目の [インストール] を選択します。

01
図: インストール画面


2. 自動的にUPSとの通信確認をしますのでそのままお待ちください。

02
図: UPSの確認画面


3. 手動によるUPSの選択画面が表示されます。

・ Smart-UPS SMT/SMXモデルの場合、"RJ45" を選択し、 [OK] ボタンを押し、先に進みます。
・ Smart-UPS SUAモデルの場合、"DB9" を選択し、 [OK] ボタンを押し、先に進みます。

03
図: UPSの通信ポートの確認


4. エージェントのインストールウィザード画面が表示されます。
[次へ] ボタンを選択します。

04
図: インストールウィザード画面


5. 使用許諾契約に同意のうえ、[はい] を選択します。

05
図: 使用許諾確認画面


6. インストール先を選択し、[次へ] ボタンを選択します。

06
図: インストール先の選択画面


7. UPS Interface Expander 2(AP9624)については自動検出をしないため、[いいえ] ボタンを選択します。

07
図: UPSの通信ポート自動検出


8. UPSタイプと通信ポートの設定をします。

UPSタイプ: "Interface Expanderのベーシックポート" ▼ を選択
通信ポート:  UPSと接続する任意のCOMポート番号 ▼を選択
上記選択のうえ、[次へ] ボタンを選択します。

08
図: UPSタイプと通信ポートの設定


9. 任意のユーザー名, パスワードを入力します。
なお、本ユーザー名とパスワードはPowerChute Business Edition サーバーインストール時に利用します。

09
図: ユーザ名、パスワードの設定


10. セットアップを実施しています。次の画面に切り替わるまで待ちます。

10
図: セットアップ実施画面


11. インストールが完了しました。
[完了>] ボタンをクリックし、インストールを終了します。

11
図: インストールの完了画面

インストール手順は以上です。

----------

【参考】
・v7.0以前には [待機時間] の項目はありません。
・最新バージョンのPowerChute Business Edition 製品型番は こちら をご確認ください。
・ご購入については こちら をご確認ください。

APC 日本

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
詳細を見る