{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

AP9620 Legacy Communication Card使用時にPowerChute Business EditionでUPSモデル名が正しく表示されない

このページでは、AP9620 Legacy Communication Card使用時にPowerChute Business EditionでUPSモデル名が正しく表示されない問題について説明しています。

【問題の概要】
UPSにAP9620 Legacy Communication Card使用時に、PowerChute Business Editionのデバイスプロパティ画面でUPSのモデル名が正しく表示されない。

【対象製品】
以下の対象UPSモデルにAP9620 Legacy Communication Cardをインストールし、PowerChute Business EditionでUPSを管理している場合。

対象UPSモデル: SMT500J、SMT1200RMJ1U

※ 上記以外のモデルでは問題ありません。

【問題の詳細】
PowerChute Business Editionのデバイスプロパティ画面で、UPSモデルがそれぞれ以下のようになり、正しく表示されません。

・ SMT500J → Smart-UPS 750と表示
・ SMT1200RMJ1U → Smart-UPS 1500と表示

【解決方法】
AP9620 Legacy Communication Cardの制限事項です。修正方法はありませんので、モデル名を読み替えてご使用ください。
その他の機能には問題はありません。

詳細を見る
詳細を見る

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。