{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

暗号機能を含むAPCブランド製品、ソフトウェアの輸出について

弊社の暗号機能を有する製品、ソフトウェアにつきましては、輸出令の「市販暗号プログラム」に該当する要件の説明です

弊社の暗号機能を有する製品、ソフトウェアにつきましては、輸出令の「市販暗号プログラム」に該当する要件を以下の通り満たしております。
このため、規制除外品として輸出することができます。

1) 購入に際しては、何らの制限も受けず、店頭、郵便もしくは信書便又はWebからのご注文により、販売店の在庫から販売されるものです。
2) 当社の製品、ソフトウェアで使用されている暗号機能はお客様の方で変更することができません。
3) これらの製品は、暗号機能をお客様がご使用になる際に、弊社からの技術的なサポートを必要しないように、設計されています。

弊社では、お客様へのサービス向上の一環として、輸出貿易管理令、外国為替管理令による規制への該非判定資料、パラメータシートが必要な場合には、
「非該当証明書」の発行をご申請くださるようお願いいたします。

なお、シュナイダーエレクトリック 日本法人では、日本国内専用モデルの非該当証明書はご要望により発行しているものとなりますが、
日本国内での使用のみのサポートとさせていただいており、国外でのご使用における製品保証、製品サポートを謳っているものではございません。
また、日本法人で販売している製品のみの提供になること予めご了承ください。

このFAQはお役に立ちましたか?