{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

FAQを参照する

Network Management Card 2 Security Wizardを利用しWebユーザーインターフェイスの証明書を発行する方法

Network Management Card 2 Security Wizardを利用し証明書を発行する方法の説明です。
Network Management Card 2にて利用できるWebユーザーインターフェイスの証明書の発行方法です。


【対象製品】
Network Management Card 2 (型番: AP9630J)
Network Management Card 2 EX (型番: AP9631J)
* ファームウェアバージョン v7.x.x, v6.x.x, v5.x.x


【手順】

● はじめに

Network Management Card 2に同梱されているCD " APC Network Management Card Utility " から
Securityウィザードをインストールしてください。
(インストール先は C\:Program Files\American Power Conversion\APC Security Wizard )

01


* Webからもダウンロードできます。
APC製品 各種パッチモジュール・ユーティリティ ダウンロードのリンク
対象ファイル: APC Security Wizard v1.04
APC Networkアクセサリー製品に対してSSLおよびSSHセキュリティシステムのコンポーネントを作成します。



● 証明書発行方法
Security Wizardを起動し、下記の通り証明書を発行してください。

1. CA ルート証明書の作成
02
CA Root Certificateを選択してください。

2. File Nameを入力
03
ボタン [ Browse ] を押下し、任意のファイル名を作成してください。

3. CA ルート証明書の情報を入力
11
Common Nameに任意文字列を入力し、Country に国名を選択してください。
他は任意入力してください。
デフォルトでは、サーバー証明書は10年間有効ですが、
Validity Period Start と Validity Period End のフィールドは編集することができます。

画面に従って、[ 次へ > ]を押下しますと、CA ルート証明書が作成されます。

デフォルト:
C:\Program Files\American Power Conversion\APC Security Wizard\Default.p.15
C:\Program Files\American Power Conversion\APC Security Wizard\Default.crt

4. SSL サーバユーザ証明書の作成
04
再度Security Wizardを起動し、SSL Server Certificateを選択してください。

5. Fail Nameを入力
05
ボタン [ Browse ] を押下し、任意のファイル名を作成してください。

・デフォルトはDefault.p.15となりますが、
CAルート証明書と同一となりますので別名で保存してください。

ここでは、Certificate.15とします。

6. CA ルート証明書を選択
06
上記 " 3. CA ルート証明書の情報を入力 " で生成された
CA ルート証明書を選択してください。

デフォルトでは、
C:\Program Files\American Power Conversion\APC Security Wizard\Default.p.15
を選択してください。

7. SSL サーバーユーザー証明書の情報を入力
06



Common Name に Network Management CardのIPアドレス
またはDNS名を入力してください。
Country に 国名を入力してください。
他は任意入力してください。

デフォルトでは、サーバー証明書は10年間有効ですが、
Validity Period Start とValidity Period End のフィールドは
編集することができます。

画面に従って、[ 次へ > ]を押下しますと、
SSLサーバー証明書が作成されます。

デフォルト:
C:\Program Files\American Power Conversion\APC Security Wizard\に
5.で設定したファイル名で生成されます。
ここではCertificate.15となります。



● 証明書の適用方法


[ファームウェアバージョン v6.x.x, v7.x.xの場合]
証明書発行方法で発行された Default.crt、 Certificate.15の証明書を下記の通り適用してください。
Default.crt :Network Management Card 2にアクセスするコンピューターのWebブラウザーに登録してください。
Certificate.15 :
Network Management Card 2のメニューより、
[ 設定▼ ] - [ ネットワーク ] - [ Web ] - [ SSL 証明書 ] を選択し(図8参照)、
[ 証明書アクション ] のセクションで [ 追加または交換 ] をチェックし、
[ Choose File ] をクリックし、ファイルを選択, 登録してください。
[ 適用 ] をクリックします。(図9参照)

Network Management Card 2を再起動します。
[ 操作▼ ] メニューより [ ネットワーク ] - [ リセット/再起動 ] を選択し、
[ リセット/再起動 ] セクションより ” 管理インターフェイスの再起動 ” をチェックし、
[ 適用 ] をクリックします。
* このNetwork Management Card再起動は、UPS本体の出力に影響はありません。


20
図8. SSL証明書 設定画面 選択


21
図9. SSL証明書アクション


22
図10. 操作メニュー 選択画面

23
図11. リセット/再起動 セクション



[ファームウェアバージョン v5.x.xの場合]
証明書発行方法で発行された Default.crt、 Certificate.15の証明書を下記の通り適用してください。
Default.crt :Network Management Card 2にアクセスするコンピューターのWebブラウザーに登録してください。
Certificate.15 :
Network Management Card 2のタグ
[ Administration ] - [ Network ] - [ WEB ] - [ ssl certificate ] を選択し、
Certificate File: で、[ 参照 ] をクリックし、ファイルを選択し、
Add or Replaceに登録してください。
[ Apply ] をクリックすると適用されます。


07


----------

[参考] Network Management Card 2 Webユーザーインターフェイスにアクセスできない

APC 日本

詳細を見る
製品:
AP9641JAP9640J
製品群:
UPS Network Management Cards
詳細を見る
製品:
AP9641JAP9640J
製品群:
UPS Network Management Cards