FAQの参照

PowerChute Business Edition v9.0.x for Linux RPMによるインストール方法

公開日: 02 6月 2016

PowerChute Business Edition v9.0.x for LinuxのRPMによるインストール方法についての説明です。

 

PowerChute Business Edition v9.0.x for Linux へのインストールについては rpmを実行し、キャラクターによるCGIでのインストールとなっております。

以下のような手順にてPowerChute Business Editionのファイルの展開を行い、設定、使用を開始ください。

【手順】                                                                                                                                                          
1. RPMのインストール
2. config.shを実行し、ユーザ名、パスワードならびにUPSの接続ポートの手動設定

以下のインストール例は/tmp/pcbe901で作成したディレクトリにてファイルを展開、インストールを行う場合となります。
太文字(黒)がインストール時の設定項目、 がインストールで設定事項、コマンド等、入力する文字となります。

1. RPMファイルのインストール
pbeagent-9.0.x-xxx.i386.rpmをインストールします。
尚、ファイル名についてはお手持ちのPowerChute Business Editionによりx部分が任意の数値となります。
# cd tmp/pcbe901/                                                                                                                        
# ls
pbeagent-9.0.x-xxx.i386.rpm

#rpm -ivh pbeagent-9.0.x-xxx.i386.rpm

Preparing... ########################################### [100%]
1:pbeagent ########################################### [100%]


2. 設定用シェル(config.sh)の実行
上記のRPMの展開が完了しますと、/opt の下に APC/PowerChuteBusinessEdition/Agent/ が作成されますので、
Agentフォルダに移動し、 エージェント設定用のシェル "config.sh" を実行します。
#cd opt/APC/PowerChuteBusinessEdition/Agent/                                                                      
# ls
Resources bin config.sh readme.txt.ch
apclicense.txt cmdfiles critical.cfg readme.txt.ja
apclicense.txt.ch commkey lib readme.txt.ja_UTF8
apclicense.txt.ja comp pcbeproxy.dbg shutdownerlets.m11
apclicense.txt.ja_UTF8 comps.m11 readme.txt

# ./config.sh


3. エージェントのアクセスユーザ名、パスワードの設定
最初にユーザ名とパスワードの要求がおこなわれますので、ユーザ名、パスワードを設定してください。
尚、ユーザ名、パスワードはユーザ様にて任意に設定するものとなります。設定したものを控え、管理してください。
American Power Conversion                                                                                                             
PowerChute Business Edition Agent Configuration Utility
------------------------------------------------------------
New Username
> 任意
New Password
> 任意
Confirm New Password
> 任意 (確認のための再入力)


4. UPSと通信するシグナルタイプの設定
次にシグナリングタイプの設定をおこないます。
Smart Signal : UPS本体のシリアルポートとサーバの接続(ケーブル: 940-0024x(黒)/USBケーブル)の場合 "1"
Simple Signal : UPSの2-Port Interface Expander Card (AP9607) もしくは Share UPS 8-Port Interface Expander (AP9207)との接続(ケーブル: 940-0020x[色 グレー or 白]) の場合 "2"
SMX, SMT, SURTD (Smart Signalling) : 制御するUPSが、Smart-UPS LCD (SMT, SMXシリーズ) もしくは SURTDシリーズの場合 "3"
を選択ください。
Select the Signal Type                                                           
[1]: Smart
[2]: Simple
[3]: SMX, SMT, SURTD (Smart Signalling)
> 1 (Simple Signalの場合は "2"、 Smart-UPS LCD (SMT, SMXシリーズ) もしくは SURTDシリーズの場合 "3")


5.ポートの設定
通信ケーブルが接続されているサーバのポートを選択します。OSで認識しているUPSを接続しているCOMポートを指定し、表示されている番号を入力してください
例: COM1=/dev/ttyS0、COM2=/dev/ttyS1
Select the serial port                                                                          
[1]: /dev/ttyS0
[2]: /dev/ttyS1
[3]: Other
> 任意


6.設定内容の確認
設定された内容が表示されます。
設定内容を確認のうえ "Yes" を入力ください。設定の変更をおこなう場合には、"No" を入力してください。
 
 
Signal Type: Smart                                                                            
Share UPS: No
Serial Port: /dev/ttyS0

Are the UPS settings correct? (Yes or No) 
> Yes


7. PowerChute Business Edition エージェントの開始
PowerChute Business Editionエージェントを開始させます。"Yes" と入力ください。
Start PowerChute Business Edition Agent? (Yes or No)                                                   
> Yes

Starting PowerChute Business Edition Agent...
PowerChute Business Edition Agent started.

[root@x Agent]#

以上でインストール完了となります。

これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。