FAQの参照

APC製品の輸出について

公開日: 23 1月 2020

APC製品の輸出に関する情報です。

■ APC製品を海外に持ち出されるお客様へ

APC製品は輸出貿易管理令、外国為替管理令による規制への該非判定において、 一部製品を除き「非該当」の判定となっております。
尚、全ての製品は輸出令別表 第1又は外国為替令別表の16の項に該当(キャッチオール規制範囲)となっておりますので、
輸出される際には各輸出者による用途、需要者、仕向国の確認が必要です。

なお、シュナイダーエレクトリック 日本法人で取り扱っている製品の「非該当証明書」の発行をご希望の場合には、発行依頼手続きを行っていただけますようお願いいたします。
【非該当証明書の発行について】

弊社の暗号機能を有する製品、ソフトウェアにつきましては、輸出令の「市販暗号プログラム」に該当する要件の説明は以下をご参照ください。
【暗号を含む弊社製品、ソフトウェアについて】

* 日本国内専用モデルの非該当証明書はご要望により発行しているものとなりますが、国外でのご使用における製品保証、製品サポートを謳っているものではございません。


これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。