FAQの参照

PowerChute Business EditionサーバをWindows Storage Server 2008およびWindows Small Business Server 2008にインストールすると設定ウィザードが開始しない問題のトラブルシューティング

公開日: 02 6月 2016

このページでは、Windows Storage Server 2008およびWindows Small Business Server 2008にPowerChute Business Editionサーバをインストールすると、設定ウィザードが開始しない問題の解決方法を説明しています。

Windows Storage Server 2008およびWindows Small Business Server 2008では、デフォルトではWindowsの8.3形式の短いファイル名がサポートされていません。ウィザードを起動するには、8.3形式が有効になっている必要があります。

これらのOSで8.3形式を有効にするには、次の手順を実行してください。

1. 管理者権限でログインし、コマンドプロンプトで、以下のコマンドを実行してください。

C:\>fsutil behavior set disable8dot3 0

2. Windowsを再起動してください。

3. コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力し、Enterを押して、8.3形式が有効になっているかどうかを確認します。

C:\>fsutil behavior query disable8dot3

以下の内容が表示されれば、8.3形式が有効になっています。

disable8dot3 = 0

以下の場合は有効になっていません。再度Step 1を実行してください。

disable8dot3 = 1


これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。