FAQの参照

SURT004を2台接続するSURT5000XLJの構成について

公開日: 02 6月 2016

Step-Down Transfomer(SURT004)を2台接続するSmart-UPS RT 5000(SURT5000XLJ)の構成を推奨していません。本ドキュメントはその理由について説明しています。

 

Smart-UPS RT5000(SURT5000XLJ)の最大出力容量は5000VA/3500Wであり、またStep-Down Transfomer(SURT004)の出力容量は4600VA/4600Wとなります。

SURT5000XLJの最大出力容量よりもSURT004の出力容量が大きいことより、SURT5000XLJはSURT004を1台のみ接続することを想定しています。
また一般的にトランスに入力電圧が印加された時、定格の約20倍近い大きな突入電流が発生します。
SURT5000XLJは1台のトランスが接続状態での突入電流を考慮してSURT5000XLJの内部回路を設計を行っているため、
2台のトランスを接続した場合、非常に大きな突入電流となりUPS本体の動作に支障をきたす可能性があります。 

従いまして、SURT5000XLJにSURT004を2台接続して使用していただくことはできない仕様となります。

100V出力の出力コンセントの数を増やしたい場合、仕様面またはコスト面から、SURT004を2台接続するのではなく、
Rack-Mount PDUなどを使用いただき1台のSURT004から出力コンセントを増やして使用してください。


これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。