FAQの参照

PowerChute Business Edition v7.x リスクアセスメントの保証期限について

公開日: 19 7月 2016

この文書では、PowerChute Business Edition v7.0 リスクアセスメントの保証期限について記述しています。

PowerChute Business Edition v7.0のリスクアセスメントでは、管理されているUPSの製造から2年以上経過した機器に対して、保証期限の項目に警告を表示します。
これは、弊社が標準として定めている一般的なUPS無償保証期間が切れることを意味します。

通常はご購入から2年を無償保証期間、ご購入から5年間を保守サービス対象期間(製品サポート期間)となり、UPSの耐用年数は5〜6年となっております。
保守等ご契約頂いている場合においては保守内容に準じ、この表示される保証期限と異なります。

また、PowerChute Business Edition v7.0.4以降ではこちらの項目名がUPS製造経過年数となっております。


これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。