{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Business Edition v10.0.2以降で信頼できる認証局(CA)によって署名された証明書などの独自の証明書を使用する方法

このページではPowerChute Business Edition v10.0.2以降で信頼できる認証局(CA)によって署名された証明書などの独自の証明書を使用する方法について説明しています。

【対象製品とバージョン】
PowerChute Business Edition v10.0.2以降

【対象システム】
サポートされているすべてのWindowsおよびLinuxオペレーティングシステム

【説明】
PowerChute Business EditionはブラウザからアクセスできるWebベースのアプリケーションです。 デフォルトでは、PowerChuteはWebインターフェイスへのHTTPS通信に自己署名SSL証明書を使用します。PowerChute Business Edition v10.0.2以降では、自己署名証明書の代わりに信頼できる認証局(CA)によって署名された証明書などの独自の証明書を使用することができます。

設定の方法については、添付のPDFファイルに説明されている手順を確認してください。

公開日 2021年2月2日
詳細を見る
詳細を見る

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。