{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Business Edition v10.0のスケジュールシャットダウンで指定した起動時刻にサーバが起動しない

このページでは、PowerChute Business Edition v10.0のスケジュールシャットダウン実行時にサーバが指定時刻に起動しない問題について説明しています。
 
【対象製品】
以下の組合せにおいてまれに発生することが確認されております。
PowerChute Business Edition for Windows v10.0
対象UPS: Smart-UPS 750 RM

【問題の概要】
PowerChute上で「スケジュールされたシャットダウン」の実行、またはUPSSleepによるスケジュールシャットダウン処理において、指定した起動時刻になってもサーバが起動しない

【問題の発生条件】
以下のどちらかの場合に本事象がまれに発生することがあります。
・ 「スケジュールされたシャットダウン」を用いてスケジュールタスクを実行したとき
・ UPSSleepを使ってスケジュールシャットダウンを実行したとき

【原因】
スケジュールで指定した時刻までUPSがスリープ状態となるようにPowerChuteはUPSに対してスリープ命令を書き込みます。
本来は上記によって、UPSがスリープ状態に移行し、スリープカウントが完了した時点(起動時刻)で自動的にUPSは復電し、サーバも起動します。

本問題は、PowerChuteからスリープ命令実行時に、UPSの内部処理の応答遅延が原因で発生します。
3秒以上UPSから応答が遅延した場合にPowerChuteはスリープ命令をキャンセルし、サーバのシャットダウンのみを実行します。
その結果、UPSはスリープ状態には移行せずにオンライン状態を継続するため、スケジュールの指定時刻にサーバは起動しません(UPSの自動復電が行われないため)。

【回避方法】
以下の手順の通り、本ページからファイルをダウンロードし、既存のファイルと置き換えることで事象の回避ができます。
1. PowerChuteのサービスを停止します
2. <PCBEインストールフォルダ>¥agent¥comp内の"MicroLinkPowerSource.jar"の名前を変更します
例:back.MicroLinkPowerSource.jar
3. 本ページからダウンロードしたファイル"MicroLinkPowerSource.jar"を上記フォルダにコピーします
4. pcbeconfig.iniの[LostComms]セクションに"WriteTimeout=10"を追記します
例:
[LostComms]
WriteTimeout=10
5. PowerChuteサービスを再度起動します

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。