{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Network Shutdown v4.3でWitnessアプライアンスが正しい順序でシャットダウンされず、vSANクラスターホストの停止に失敗する

このページは、PowerChute Network Shutdown v4.3でWitnessアプライアンスが正しい順序でシャットダウンされず、vSANクラスターホストの停止に失敗する問題について説明しています。

【対象バージョンおよび環境】
PowerChute Network Shutdown v4.3 for Virtualization
PowerChute仮想アプライアンスをWitnessアプライアンスと同じホストに配置する構成(VMware vSAN 2ノード構成を含む)

本問題はバージョン4.4で解消しています。

【事象】
PowerChute仮想アプライアンスをWitnessアプライアンスと同じ管理ホストに配置する構成でのシャットダウンシーケンスにおいて、Witnessアプライアンスの電源がオフの場合、誤って他のvSANホストよりも先に管理ホストをシャットダウンします。管理ホストは最後にシャットダウンする必要があります。

【回避方法】
本事象を回避するためには、添付のパッチファイルをダウンロードし、以下の手順に従って適用してください。

1.添付のpcns_vsan_ftt.tarファイルをダウンロードします。
2. pcns_vsan_ftt.tarをPowerChute VMにコピーします
3. rootとしてPowerChute VMにログインします。
4.ファイルを解凍します
  tar -xvf pcns_vsan_ftt.tar
5. PowerChuteサービスを停止します
    systemctl stop PowerChute
6.元のpcns.jarファイルの名前を変更します
  mv /opt/APC/PowerChute/group1/comp/pcns.jar  /opt/APC/PowerChute/group1/comp/original_pcns.jar
7.解凍したpcns_vsan_fft.jarをPowerChuteディレクトリにコピーします。
  cp pcns_vsan_ftt.jar /opt/APC/PowerChute/group1/comp/pcns.jar(注:ファイルをコピーすると、名前がpcns_vsan_ftt.jarからpcns.jarに変更されます。)
9.新しいpcns.jarファイルの権限に変更します
      chmod 664 /opt/APC/PowerChute/group1/comp/pcns.jar
8. PowerChuteサービスを再起動します
      systemctl start PowerChute

公開日 2020年6月15日
更新日 2021年3月9日

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。