{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Smart-UPS SMTシリーズで自動セルフテストが実行されなくなる

【対象製品】
Smart-UPS SMTシリーズ 
* SMT1200RMJ1Uを除く

【事象】
7日、もしくは14日おきで設定されている自動セルフテストが実行されなくなる
PowerChuteやNetwork Management Cardのログに周期的に実行されているセルフテストが記録されなくなっている場合には
セルフテストが停止している可能性があります。

【条件】
UPSが長時間バッテリー運転を続け出力停止、ブレインオフした場合に自動セルフテストの設定内容にかかわらず自動セルフテストが停止します

【対処方法】
手動でセルフテストを実行してください
手動によるセルフテストを実施することで設定されている自動セルフテストが回復し、再び設定周期でセルフテストが実施されます。
 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。