FAQの参照

Video : Smart-UPS LCD 1000VA, 1500VA (SMT1000J/SMT1500J)の初回起動方法

公開日: 04 2月 2020

Smart-UPS LCD 1000VA/1500VA (SMT1000J/SMT1500J)の初回起動方法について説明します。
動画はUPSを箱から取り出した状態から始まります。
 
 
SMT1000J/SMT1500Jの使用開始にあたって次の順に進めてください。
・ UPS背面のバッテリーコネクター(黒い三角形のコネクター)を接続します。
・ UPSの入力コンセントを接続します。
・ ディスプレイに「Setup Wizard Press any key」と表示されます。いずれかのボタンを押し、ウィザードに従って初期設定を進めてください。
   設定する項目は、下記のとおりです。
- 言語 (Language)
- 現地電力品質 (Local Power Quality) ※1
- メニュータイプ (Menu Type)
- 今日の日付 (Today’s Date) ※2
・ 初期設定が完了後、電源ボタンを押してください。
・ オンラインランプ (緑色のランプ)が点灯したらUPSは使用可能な状態です。負荷機器を接続し、ご利用を開始してください。

※1: 現地電力品質
良好(Good) 感度:高  92~108VAC
電源環境の良い場所に設置されている場合 この設定を使います。 (一般的なオフィスなど)
普通(Fair) 感度:中  90~110VAC
近くに電源に影響を及ぼす機器(レーザプリンターなど※3)が設置されている場合、この設定を選択します。
不安定(Poor)  感度:低  86~114VAC  
工場内など電源が不安定になりやすい場所に設置されている場合この設定を使います。

※2: "今日の日付"は表示されない場合がありますが問題ありません。
※3: 複合機やレーザプリンターを直接UPSに接続しないでください。UPSの仕様を超える消費電力によって故障する原因となります。

これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。