{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Network Shutdown v4.3 ご紹介

このページでは、PowerChute Network Shutdown v4.3 の主な機能と前バージョンからのアップデートをご紹介します。




GUIによるシャットダウン設定と操作

新リリースv4.3ではHCIのシャットダウンにスクリプト不要、WEB UIで構成と実行条件の設定が可能になります。



 

HCIのストレージポリシーに対応

VMware vSANのストレージポリシー(障害許容レベル:FTT)に基づいたシャットダウン制御が行えます。
 

SSH実行環境の実装

SSH実行環境を実装することにより、ストレージ機器などの外部機器の自動シャットダウンの設定と実行も標準機能で行えるようになります。



 

OpenJDK環境

これまでのOracle JavaからOpenJDK 環境に移行することにより、今後もJava環境使用のためのサポート契約を必要としません。
OpenJDKの定期アップデートに対応し、アップデートは Web UI上の操作で行えます。

PowerChute対応OS表

PowerChute Network Shutdown 4.3

Windowns & Linux    Windows (Hyper-V環境を除く)、Linux (仮想化対応)
Virtualization            Windows (Hyper-V環境)、VMware、Nutanix
Speciasleized OS       AIX、HP-UX、Oracle Solaris、MacOS

PowerChute Network Shutdown プロダクトセンターに戻る

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。