FAQの参照

PowerChute Network Shutdown v4.2で、VCSAの起動順序が逆転する仕様について

公開日: 15 11月 2018


このページでは、PowerChute Network Shutdown v4.2で、VCSAの起動順序が逆転する仕様について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v4.2 for Virtualization

【発生条件】
本事象は以下の条件下で発生する可能性があります。
- PowerChuteでVMware環境を保護している
- PowerChuteがESXi上で稼働しているVCSAをシャットダウン対象としている
- PowerChuteで仮想マシンの起動を有効状態に設定している

【事象について】
通常PowerChuteによるVMware環境の起動処理においては、メンテナンスモード解除後にVCSAの起動を最初に試みます。
その後シャットダウン時にESXiホスト上で稼働していたUserVMの起動が行われますが、
VCSAの起動処理実行時に、VCSAから予期しない応答が返ってきた場合は、
PowerChuteはUserVMの起動処理を最初に行い、その後VCSAの起動を再度試みます。

 

これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。