{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Network Shutdown 電源障害時のUPSシャットダウンシーケンス [Smart-UPS SMXシリーズ Smart-UPS SRTシリーズ]

PowerChute Network Shutdown利用時に電源障害発生後、PowerChute Network ShutdownからUPSへのシャットダウン命令が送信されたのち
UPSの出力停止から、電源回復後の出力開始までの設定方法を説明します。

【対象UPS】
コンセントグループがあり、コンセントグループが独立した動作をするUPS

Smart-UPS SMXシリーズ
Smart-UPS SRTシリーズ
Smart-UPS SMT1200RMJ1U

sequence
シャットダウンシーケンス

コンピュータがシャットダウンプロセスを開始してからUPSが出力停止する迄の時間設定、電源障害回復後のUPS自動起動やUPS Turn Off の動作についてはNetwork Management Cardに対して設定を行います。
PowerChute Network Shutdownの画面から ▼UPS Information 以下UPS型番の "Configuration"
もしくはブラウザより"http://[ Network Management CardのIPアドレス ] でNetwork Management Cardにアクセスしてください。

1. Power Off Delay

UPSのシャットダウンシーケンスが開始されてから出力が停止するまでの時間を示します。(最小値120秒)
UPS OutletsをもつSMTシリーズのUPSではシャットダウンシーケンスが実行されると、Outlet Group1の出力を停止したのち、UPS Outletsの出力停止のカウントダウンが開始します。PowerChute Network Shutdownのコマンド実行や、仮想化環境でのインストールの場合、設定されている時間を含めて自動でPower Off Delayに計算され反映されます。

[設定方法]
設定画面 (図1) Configuration → outlet groups → Outlet Group Settings → ここで対象Outlet Groupを選択
Sequencing(図2) → Power Off Delay: に時間(秒・選択変更可能) を設定します。

2. Reboot Duration
他のコンセントグループに関係なく、少なくともここで指定した時間の間、個別のグループを電源オフのままにします。

[設定方法]
設定画面(図1) Configuration → outlet groups → Outlet Group Settings → ここで対象Outlet Groupを選択
Sequencing(図2) → Reboot Duration: に時間(秒・選択変更可能) を設定します。

3. Sleep / Turn Off
シャットダウンプロセス終了時にUPSをスリープ状態に移行させ、UPS自身が電源障害復旧時に自動起動できるように設定。又はシャットダウンプロセス終了時にUPSをOFFするように設定するのかにより動作が異なります。

[設定方法]
・復電後に自動起動させる場合
シャットダウンプロセス終了時UPSをスリープ状態にし、電源障害復旧後にUPSが自動起動する設定は
設定画面 Configuration → Shutdown → On-Battery Shutdown Behavior: (図3)の設定を Restart when power is restored に設定します。

・ 復電後もオフ、手動で立ち上げる場合
シャットダウンプロセス終了時UPSをOFFにし、出力停止を維持する設定は
設定画面 Configuration → Shutdown → On-Battery Shutdown Behavior: (図3)の設定を Turn off Stay off に設定します。
このTurn Off Stay Off に設定した場合には、シャットダウンプロセス終了時にUPSはTurn Offし、電源障害復旧後にUPSは自動起動しません。
UPSを起動する為には手動で電源ボタンを押す、または Network Management Card 等から Turn Onして出力を開始させます。


4. Power On Delay/Min Return Runtime
電源障害によるシャットダウンの後、 UPSをオンする為に必要な最低限のバッテリ容量、待機時間をカウントします。電源障害発生時、復電しても再度電源障害が発生する事を想定した場合、バッ テリ充電容量が下がっている状態でUPSとOSを再起動させると、再度電源障害が発生した際に、OSのシャットダウン途中でUPSのバッテリが尽きてしま う事も考えられます。これを防止する為に、一定容量充電されるまでUPSを起動しないように設定する事が可能です。

[設定方法]
・ 設定画面(図1) タブ[UPS] → Configuration → outlet groups → Outlet Group Settings → "対象Outlet Group選択"Sequencing(図2) → Power on Delay: に待機時間を秒で設定します。


Network Management Card画面

図1. Outlet Group Configuration 設定内容確認・Outleg Group選択画面




図2. Outlet Group Configuration Sequencing 設定





図3. Shutdown
詳細を見る
詳細を見る

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。