FAQの参照

APC RSシリーズの無負荷シャットダウン機能についての説明

公開日: 22 2月 2019

APC RSシリーズの無負荷シャットダウン機能について説明します。

【対象製品】
BR400S-JP、BR550S-JP、BR1000S-JP、BR1200S-JP
 * 対象の機器は型番が BRxxxS-JP のAPC RS Sinewave Battery Backupです。
     BRxxxG-JP には無負荷シャットダウン機能はついておりません

【機能説明】
本機能は工場出荷時のデフォルト設定はOFFとなっております。
無負荷シャットダウン機能とは、無負荷状態の場合もしくはバックアップコンセントに接続されている機器の消費電力が全体で15W以下の場合、
5分間のバッテリー運転を継続した際にUPSの出力停止する機能となります。
これにより無負荷状態や、軽負荷の機器を接続している場合、バッテリーの消費を抑えることができる機能となります。

軽負荷の機器を接続されている場合であってもバッテリー運転を継続したい場合は、デフォルト設定の無負荷シャットダウンの機能をOFFにしてください。

【設定方法】
1. 入力コンセントを接続します
2. UPS電源OFFになっていることを確認してください(液晶パネルが消灯状態、バックアップコンセントからの出力なし)
3. ミュートボタンを 6秒 長押します
4. dsd もしくは ESd が表示されます(デフォルト: dsd)
5. dsd-> 1秒長押し ->  ESd を交互に繰り返します
6. ESd、dsdのいずれかの状態で3秒程待つと液晶パネルが消灯します。これで設定完了します。

[設定内容]
無効 - dsd(ゲージが完全放電状態): 無負荷シャットダウン機能無効(バッテリーが持続するかぎり、継続してバッテリー運転)
有効 - ESd(ゲージが完全充電状態):  無負荷シャットダウン機能有効(15W以下 5分間バッテリー運転すると出力停止)

 

これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。