FAQの参照

PowerChute Network Shutdownで仮想化を有効にしたRed Hat Enterprise Linuxをシャットダウンする

公開日: 06 9月 2016

このページでは、PowerChute Network Shutdownで仮想化を有効にしたRed Hat Enterprise Linuxをシャットダウンする際の、仮想マシン(ゲストOS)をシャットダウンする方法について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v3.1以降のバージョン

【環境】
Red Hat Enterprise Linux でKVMを有効にしている環境

【説明】
 /etc/sysconfig/libvirt-guests ファイルをエディターで開き、以下の行をコメントアウトして保存してください。
 
ON_BOOT=start
ON_SHUTDOWN=shutdown
SHUTDOWN_TIMEOUT=300

その後、OSを再起動して、設定を有効にしてください。
 

これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。