FAQの参照

UPS Interface Expander 2 (AP9624)をSmart-UPS SMT/SMXで使用する場合のタイマーモードの設定について

公開日: 01 7月 2016

このページでは、Smart-UPS SMT/SMXでUPS Interface Expander 2 (AP9624)を使用する際の、タイマーモードの設定についての注意事項について説明しています。

※ その他の説明についてはFA246601を参照してください。
※ コンファームドモードの動作についてはFA256852を参照してください。

【対象製品】
Smart-UPS SMT/SMXシリーズ
AP9624 UPS Interface Expander 2

【背景】
タイマーモードでは、UPSがオンバッテリーになると、AP9624がタイマーのカウントを開始し、タイマー時間が経過するとローバッテリー信号を発信します。

従来世代のSmart-UPS SUAシリーズでは、タイマー時間が経過し、AP9624がそれ自身に接続されている保護サーバーと、UPSの本体ポートに接続されたマスターサーバーの全てのローバッテリー信号を発信します。マスターサーバーと保護サーバーはいずれも、ローバッテリー信号を受信するとシャットダウンプロセスを開始します。Smart-UPS SMT/SMXの場合、SUAシリーズとはUPS内部の通信経路の仕様が異なり、マスターサーバーに対してはローバッテリー信号を送信しません。
UPSはタイマー時間経過後、ローバッテリ信号時間が経過するとマスターサーバーに対しローバッテリー信号を送ります。
 
タイマーモードでのシャットダウン動作
 
Smart-UPS SUAシリーズ Smart-UPS SMT/SMXシリーズ

※ ローバッテリー信号時間はUPS本体に設定された設定値です。

【タイマーモードにおけるPowerChute Business Editionの設定とシャットダウン動作】
Smart-UPS SMT/SMXシリーズで使用している場合、マスターサーバー上のPowerChute Business Editionは、UPSからローバッテリー信号を受信すると、即時シャットダウンを実施します。この際、PowerChuteで設定したコマンド実行や、シャットダウン待機時間の設定は無効となります。
PowerChute Business Editionを使用している場合は、UPSがローバッテリー信号を送信する前にOSシャットダウンが開始するように設定してください。

ランタイム制限値は、接続される機器の電力使用状況(負荷)によって流動的に変化するため、シャットダウンに必要な時間の見積もりが難しくなります。
そのため、AP9624をタイマーモードで使用する場合の、マスターサーバーのシャットダウン設定では"バッテリー運転が次の時間経過後"に設定してください。

1. [タイマー時間+ローバッテリー信号時間]経過までにマスターサーバーのシャットダウンプロセスが開始する場合
 
[タイマー時間+ローバッテリ信号時間]が経過する前にOSシャットダウンが開始するよう、
”バッテリ運転が次の時間経過後”および”コマンド実行時間”を設定してください。
この例では、マスターサーバーのPowerChuteの設定に従い、マスターサーバーがシャットダウンします。

 


2. [タイマー時間+ローバッテリー信号時間]経過までにマスターサーバーのシャットダウンプロセスが開始しない場合
 
マスターサーバーに対しUPSからローバッテリー信号が送信されると、即時シャットダウンとなり、
PowerChuteで設定したコマンド実行や待機時間は無効となります。
 

これは役に立ちましたか?

私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?

目的の情報が見つかりませんか?

カスタマーチームにお問い合わせいただき、テクニカルサポート情報、クレームへの対応、その他のサポートを受けることができます。