{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Network Shutdown v4.1で、UPSに電源オフコマンドが送信されるタイミングについての注意事項

このページでは、PowerChute Network Shutdown v4.1で、UPSに電源オフコマンドが送信されるタイミングについての注意事項について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown for Virtualization v4.1以降のバージョン

【環境】
仮想化環境 (VMwareおよびWindows Hyper-V)

【概要】
PowerChute Network Shutdown v4.1では、UPSに電源オフコマンドが送信されるタイミングが旧バージョン(v3.1/v4.0)から変更されています。
変更前: Shutdown Delay後、仮想マシン移行/シャットダウン遅延時間が経過した後
変更後: Shutdown Delay経過後すぐ

以下の図に示すように、仮想マシン移行/シャットダウンの実行の前にNetwork Management Cardに対してUPSの電源オフコマンドを送信するよう、シーケンスが変更になりました。 この変更により、PowerChute Network Shutdown v4.1では仮想環境において、UPSオフ(Power Off Delay:UPSの電源停止までの待ち時間)のカウントダウンが、v3.1/v4.0よりも早いタイミングで開始します。
このため、PowerChuteによるシャットダウン処理が完了した後、v3.1/v4.0と比べて早くUPSの停止が行われることになります。
PowerChuteによるシャットダウン処理が完了した後に、Power Off Delayの残り時間を利用して周辺機器等の停止を行っていた場合、
この残りの時間が短くなるため、注意が必要となります。
Network Management Card側で設定されているPower Off delayの値に不足がないか念のためご確認ください。

【参考】
v3.1/v4.0では、シャットダウンシーケンス中(仮想マシン移行/シャットダウン遅延時間が経過する前)に商用電源が復電した場合、PowerChuteはオンライン運転中のUPSに対して電源オフコマンドを送信することになります。オンライン運転中に電源オフコマンドを受信した場合、UPSは設定時間経過後、自身をスリープではなく停止(Turn off and Stay off)させるため、この場合は、手動でUPSを電源オンして頂く必要がありました。
今回のPowerChuteの仕様変更により、v4.1からは仮想マシンの移行/シャットダウン開始後に電源復帰した場合でもUPSの自動起動が行われます。

【変更点の説明】
なお、下図はコンセントグループのあるUPSモデルのシーケンスを示します。コンセントグループのないUPSの場合は、※のコンセントグループ電源オフ遅延の部分は「{バッテリ残量低下持続時間 または 最大必須遅延時間 +2分 +UPSシャットダウン遅延}  」となります。


お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。