{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Network Shutdown v3.1/v4.xで、VMwareのHAアドミッションコントロール使用時の注意事項

このページでは、PowerChute Network Shutdown v3.1/v4.xで、VMwareのHAアドミッションコントロールを使用時の注意事項について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v3.1、v4.x for Virtualization

【環境】
VMware

【注意事項】
HAアドミッションコントロールは、vSphereではデフォルトで有効になっています。
PowerChuteが仮想マシンにインストールされており、その仮想マシンが稼働するホストの電源がオンになった場合、HAアドミッションコントロール、または適用されているアドミッションコントロールポリシーによってPowerChuteの自動起動を妨げる可能性があります。

PowerChute仮想マシンがHAによって自動的に再起動できるようにするには、HAアドミッションコントロールを無効にするか、アドミッションコントロールポリシーによってPowerChute仮想マシンの起動を許可してください。HAアドミッションコントロール設定の詳細については、VMware のドキュメントを参照してください。
詳細を見る
製品:
PCNS
詳細を見る
製品:
PCNS

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。