シュナイダーエレクトリックのブランド

JAPAN パートナーログイン パートナープログラムへの参加方法

[Step 1] バッテリーの寿命について知る

UPSのバッテリー寿命ってどのくらいなの?

使い始めたのはいいけれど、UPSのバッテリーっていつまで持つのかわかりにくいという方も多いはず。
バッテリーは、使用環境(周囲の温度)によって変化します。お使いの使用環境を参考に、取替え時期の目安をすぎたら、バッテリー交換を検討しましょう。
詳細はこちら 「バッテリーの定期交換について」

バッテリーが劣化するとどうなる?

UPSのバッテリーが経年劣化すると、電力容量が落ち、ランタイムが短くなります。寿命を超えてバッテリーを使用していると、思わぬ障害を発生させることがあります。

容量低下のサイン
●UPSから「ピーピー」という警告音がなります
●バッテリー交換ランプが点灯します

バッテリー交換のサインが出た場合には必ずバッテリーを交換してください。

[Step 2] バッテリーを選ぶ
ご使用中のUPSに対応した純正のバッテリーをお使いください。

お使いのUPSに合うバッテリーを検索する

プルダウンメニューよりUPSの機種を選択して、純正バッテリーを調べることができるツールです。
交換バッテリー選定ツール

お使いのUPSに合うバッテリーを対応表から探す

UPSの機種ごとの対象バッテリーキットの最新情報を、型番対応表として一覧でご紹介しています。
対応表はこちら

純正バッテリーをおすすめする6つの理由

1.製品サポート
非純正バッテリーを使用した場合、シュナイダーエレクトリックの製品サポートを受けられません。

2.バッテリー品質
非純正バッテリーは、期待されるランタイム特性が出なかったり、短期間で寿命を迎えるなどの問題が報告されています。

3.バッテリーの安全性
非純正バッテリーは、膨張や液漏れ、改造による異常発熱などの恐れがあります。

4.UPS本体への影響
非純正バッテリーは、UPS本体への損傷、発煙、異臭など危険な状態の原因となる場合があります。また、UL、CSA、VDEなどのUPSの安全認証が無効になる場合があります。APCの機器保護ポリシーも適用されません。

5.UPS動作保証、無償保証サポート
純正の交換用バッテリーは30日間の無償保証期間がありますが、非純正バッテリーの場合、動作保証はありません。
>UPS交換用バッテリキット型番対応表・無償保証期間について

6.バッテリーの引き取り&リサイクル
鉛は99.99%リサイクル可能な材料です。
シュナイダーエレクトリックは、使用済み鉛バッテリーのリサイクルに20年以上取り組んでいます。純正の交換用バッテリーをご購入いただいた場合、古いバッテリーはシュナイダーエレクトリックへお送りいただくことができます。
>交換後の使用済みバッテリーの発送方法

[Step 3] バッテリーを購入する

オンラインショップはこちら

[Step 4] バッテリーを交換する
バッテリーの交換については、以下を参照ください。

バッテリー交換方法について

各機種ごとのバッテリー交換方法をFAQにて解説しています。
APC UPSのバッテリー交換方法 一覧

[Step 5] 使用済みバッテリーを廃棄する
シュナイダーエレクトリックにて、使用済みバッテリーの回収が可能です。

使用済みバッテリーの処分について

「バッテリーのみ」「送料元払い」の条件にて、使用済みバッテリーの回収を承っております。
交換後の使用済みバッテリーの発送方法

[ご紹介] UPSを買い替える
UPSの買い替えをご検討の際は、UPS買い替えプログラム「Trade-UPS」をご利用ください。

Trade-UPS のご案内

Trade-UPSは、APC製UPSをご購入いただいた場合、いままで使用されていた古いUPS (ブランド問わず、また内蔵バッテリ含む) をお引き取りするプログラムです。さらに、製品ユーザー保証登録をいただくと、引取りUPSの送料が無料になります!
さらに詳しく
Man in suit giving thumbs up