運用

Multi-site analysis of energy, operations, and assets. Managers can aggregate, analyze, and report on financial and operational data from a single site or company-wide.



 

InfraStruxure Operations により、ベンダーにとらわれないインベントリ管理が可能になり、データ センターの物理レイアウトの中にデバイスの障害およびデータがリアルタイムで表示され、問題を解決するための推奨事項や方法も表示されます。場所ベースのドリルダウン ビューには、グローバルなビューからローカルなビューの順に、単一資産まで、データ センターの場所の概要が構造化されて表示されます。電力効率性 (PUE) カルキュレータにより、毎日のエネルギー利用に関する情報が生成されます。InfraStruxure Mobile では、移動中でもすぐに更新できるように、ハンドヘルド PDA から InfraStruxure Operations の情報にアクセスできます。
もっと読む
InfraStruXure Capacity では、物理基盤の未使用容量と必要容量、およびユーザー定義要件 (冗長性、ネットワーク、および業務で使用する場合のグループ分けなど) に基づいて、物理基盤とラック内装置の最適な場所が予測されます。 これにより、物理基盤の使用効率が最適化されるので、空き容量を減らすことができます。また、計画外ダウンタイムを回避できます。 InfraStruXure Capacity には実測データを使用した高度なシミュレーション機能が備わっているので、環境変更の影響を事前に分析できます。これにより、情報に基づく意思決定と計画策定が可能になるので、現在および将来のニーズに合わせて物理基盤の容量を計画することができます。
もっと読む
Data Center Operation:エネルギー効率分析ソフトウェアは現在および過去の電力使用効率(PUE)の値を示し、設備全体の使用量と比べてどのぐらいの電力がインストーされているIT機器に使用されいるか、実測値に基づいて理解することができます。エネルギーがどの程度の効率で使用されているのかをサブシステムレベルまで詳しく見ることができ、エネルギー効率のアップと省エネの方法を理解することもできます。サブシステムのデータは測定または予測され、少ない電力計でもアプリケーションメリットを得ることができます。ウェブベースのダッシュボードビューには現在と過去のPUEに基づく効率データのほか、サブシステムの詳しいコスト分析も含まれます。Data Center Operation:エネルギー効率は、StruxureWare Data Center Expertおよび他社の企業システムとの統合が可能なStruxureWare Data Center Operationを介して入手できます。
もっと読む
データセンターオペレーション: IT Optimizeは、精確で詳細にわたる消費電力ログをデータセンター内のサーバーごと、ラックごとに割り出し、インフラおよびIT資産の利用効率を向上させます。IT Optimizeは、データセンター全体のIT資産の利用及び消費電力状況をモニターし、過剰プロビジョニング、利用不足、バランスの悪い電力と冷却に関わるコストの削減に役立ちます。チャージバックに関しては、ビジネスに必須の分析体系がITコストと事業グループを連動させ、作るか買うかの決定を行うための重要情報を提供し、ラック、列、部屋単位でキャパシティをトレースします。GenomeTMライブラリは IT Optimizeの中核を成し、個々のITコンポーネントを継続的にモニタリング、検出し、情報を収集してサーバーの特定の情報を継続的にトレースします。その情報は、ITエネルギー消費と それがビジネスにどのような影響を与えているかを理解する上で重要な手がかりとなります。.
もっと読む
Data Center Operation:Changeはアプリケーション管理ソフトウェアで、組織化された移動、追加および変更作業プロセスの実行により、オペレーターがデータセンターの環境を管理することが可能となり、不意のダウンタイムのリスクを軽減します。本ソフトウェアの自動化されたワークフローシステムにより、作業オーダーを割当て、スペースを確保し、状態を追跡し、また、完全な可視化と履歴のための監査の形跡を変更ライフサイクルに抽出することができます。オプションのData Center Operation:モバイルでオペレーションの変更ができると同時に、データセンターでバーコードのスキャンニングを行うことができ、オペレーション効率を向上させながらデータの完全性を保証します。
もっと読む
データセンターオペレーション:Cooling Optimizeは持続的にデータセンター施設内のエアフローを最適化し、信頼性と可用性を向上させます。Cooling Optimizeは、リアルタイムデータに対応し、ホットスポットを自動的に特定し、解消する閉ループシステムで、施設に潜在するリスクを追跡します。このアプリケーションは、最小のエネルギー消費で冷却ニーズのバランスを整え、コスト節減とデータセンター内の適正冷却量供給を即時に実現します。施設マネージャはこれにより温度状況を把握し、設定温度を制御することができます。環境が変化しても、冷却を持続的に調整するインテリジェントソフトウエアが組み込まれており、装置の移動、IT更新や負荷の変動等、温度に影響を与える事態が生じても、即時に対応します。エアフローを安定させてパズルめいた複雑な冷却リソース配分問題を解決します。
もっと読む
データセンターオペレーション:Server Accessはソフトウェアオンリーのアプリケーションとして、 サーバーのオペレーティングシステム(OS)とベースマネジメントカード(BMC)に対するフルライフサイクルのアクセスを提供することで、1か所のコンソールからリモート管理を介して複数のIT機器を制御できるようにします。パワーサイクリングによって、サーバーがオフラインのときにサーバーにリモートアクセスでき、またサーバーOSがダウンしたときにでもサーバーのパワーアップ、パワーダウン、あるいは再起動ができます。サーバーの正常な起動を阻むハードウェア上の問題を解決するには、DCIMソフトウェアからBIOS(基本入出力システム)またはBMCに直接アクセスしてください。
もっと読む