ProtectNet

デスクトップ、サーバー、スイッチを保護

サージによる損傷の多くは保護されていないデータラインを通るサージとスパイクが原因です。このようなサージには、静電帯電や落雷など、さまざまな発生源があります。データラインを保護しないままにしておくと、ネットワークカード、A/Vコンポーネント、モデム等のネットワーク機器が有害な電気的過渡現象に晒されます。スタンドアロン型のサージサプレッサーであるProtectNetファミリーは、電話やネットワークのライン、同軸ケーブル等を含むそれぞれのデータラインを保護します。データラインにProtectNetサージサプレッサーを挿入してアースに接続することで、 バックドアサージで生産性を低下させたり、無駄な経費をかけることを防ぎます。

もっと読む
製品 部品番号
Product APC ProtectNet スタンドアロン サージ保護、10/100/1000 Base-T Ethernet 回線 部品番号 PNET1GB 詳細については、こちらにご連絡ください
0570-056-800 0570-056-800
保護
雷サージ保護 電力サージおよびスパイクによる機器の損傷を避けるために
フェールセーフ・モード ほとんどのサージ抑制装置は回路が損傷を受けた後も機器への通電を続行するので、さらなる破壊的なサージに機器をさらす恐れがあります。APCのSurgeArrestのフェイルセーフ機能は、SurgeArrestの回路に障害が起きた場合にユニットを電源から切り離すことで、破壊的なサージの接続機器への侵入を防止します。
データ回線保護 データライン(イーサネット、同軸および電話線)を守ることで、機器をサージから完全に保護します。データラインを伝わるバックドアサージも電源ラインを伝わるサージと同様に機器を損傷することがあるため、データラインを伝わるバックドアサージからの機器の保護も非常に重要です。

製品1

比較するファミリーまたは部品番号を選択する

ファミリーを選択する
部品番号を選択する

製品2

比較するファミリーまたは部品番号を選択する

製品3

比較するファミリーまたは部品番号を選択する