サプライヤー責任

グローバル企業として、APC by Schneider Electric はさまざまな規制、持続可能性に関する取り組み、顧客からの要望の影響を受けています。 そのため仕入れる材料や部品について、より詳しい情報が必要となります。 その結果サプライヤーに、準拠した材料やパーツを納品するのみならず、準拠していることを証明する資料を、可能な限りデジタル形式で提供するように求めています。

サプライヤーは準拠していることを証明する資料を、漏れなくまた期限内に提出する要求に対応できなければなりません。 当社ではデータ回収にあたってサードパーティーの会社にそれを依頼することが多いため、サプライヤーは彼らからのデータ請求に対して、正式な当社の要求と受け止めて対応することが求められます。

準拠していることを証明する資料は、製品データの一部としてデータシートの他のパラメーターと同様に重要です。 サプライヤーは明確で正確かつ適切な報告方法で、その準拠性を実証するべくお取り組みください。

このようなデータを提出するのが容易ではないことは承知しています。協力が必要な場合はお知らせください。 APC 環境基準準拠の取り組みやそれがビジネスに及ぼす影響についての詳細情報は、当社のサポートチーム経由で環境スチュワードシップオフィスにお問い合わせください。

サプライヤーへのコミットメント

続きを読む